ニュース

能年玲奈主演の映画『ホットロード』、春山役は三代目J Soul Brothersの登坂広臣

能年玲奈主演の実写映画『ホットロード』の追加キャストが発表された。

今回発表されたのは、暴走族の少年・春山洋志役を演じる登坂広臣(EXILE TRIBE、三代目J Soul Brothers)。能年演じる宮市和希が憧れを抱き、不良の世界に足を踏み入れていくきっかけとなる重要な役どころだ。

今回の発表について原作者の紡木たくは、当初は同作を映像化するつもりがなかったと明かしたうえで、「今回、どこにもいないであろうと思っていた和希と春山がみえるように思いました。能年さんに初めてお会いしたとき、彼女はセリフの書かれた紙をぼろぼろになるまで読んできてくださいました。彼女の演技を見て、私が言いましたのはこのことだけです。『和希に見えます』。登坂さんも時間をかけて考えてくださり、強い意志と努力をもって作品の中に入ってきてくださいました。このお二人でなければ映像化はありませんでした」とコメントしている。

同作が映画初出演となる登坂は、「映画に抜擢していただけた事はもちろん、春山という原作者の紡木たく先生、読者の皆さんの思い入れの強い存在に自分を抜擢していただけた事に深く感謝しています」「自分が音楽やエンターテイメントと向き合う気持ちと同様、この映画にも自分の出来る事を全力で気持ちを注いで精一杯頑張らせていただきたいと思います」と意気込みを語っている。

『ホットロード』は、1986年から1987年にかけて『別冊マーガレット』に連載された少女漫画。悩みや不安を抱えた少女・宮市和希が、暴走族の少年・春山洋志と出会ったことをきっかけに不良の世界に居場所を見つけていく姿を描いた作品だ。映画版では映画『ソラニン』『陽だまりの彼女』『僕等がいた』などで知られる三木孝浩がメガホンをとり、脚本は『僕等がいた』で三木監督とタッグを組んだ吉田智子が手掛ける。

作品情報

『ホットロード』

2014年夏公開
監督:三木孝浩
原作:紡木たく『ホットロード』(集英社)
脚本:吉田智子
出演:
能年玲奈
登坂広臣
ほか
配給:松竹

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に