ニュース

三谷幸喜演出&鈴木京香出演によるジャン・コクトー作の一人芝居『声』

ジャン・コクトー作、三谷幸喜演出の舞台『声』が、12月18日から東京・表参道のスパイラルホールで上演される。

詩や小説、戯曲、評論、映画、脚本、音楽、絵画など様々な分野で活動したフランスの芸術家ジャン・コクトー。1930年にコクトー自身の演出によって初演された『声』は、1人の女性が電話の向こう側にいるかつての恋人に語りかけるという構成のモノローグ劇だ。三谷版では鈴木京香が出演し、沈黙や間も昇華しながら、観客には見えない相手との会話を通じて、叶わない恋への執着や絶望、悔恨、嫉妬、悲哀などの表現に挑む。また、舞台美術は多彩な活動を展開するコミュニケーションディレクターの森本千絵(goen°)が担当している。

なお、12月24日と25日の公演後には三谷と鈴木がゲストを迎えるクリスマストークも開催される。ゲストはシス・カンパニーホームページで後日発表される。チケット一般発売は11月16日からスタート。


イベント情報

『声』

2013年12月18日(水)~12月26日(木)全10公演
会場:東京都 表参道 スパイラルホール
作:ジャン・コクトー
演出:三谷幸喜
出演:鈴木京香
料金:5,000円
※12月24日、25日の終演後に三谷幸喜、鈴木京香とゲストによるトーク開催

(画像上:『声』フライヤービジュアル、画像中:三谷幸喜、画像下:鈴木京香)

『声』フライヤービジュアル
『声』フライヤービジュアル
三谷幸喜
三谷幸喜
鈴木京香
鈴木京香
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡