ニュース

三谷幸喜演出&鈴木京香出演によるジャン・コクトー作の一人芝居『声』

ジャン・コクトー作、三谷幸喜演出の舞台『声』が、12月18日から東京・表参道のスパイラルホールで上演される。

詩や小説、戯曲、評論、映画、脚本、音楽、絵画など様々な分野で活動したフランスの芸術家ジャン・コクトー。1930年にコクトー自身の演出によって初演された『声』は、1人の女性が電話の向こう側にいるかつての恋人に語りかけるという構成のモノローグ劇だ。三谷版では鈴木京香が出演し、沈黙や間も昇華しながら、観客には見えない相手との会話を通じて、叶わない恋への執着や絶望、悔恨、嫉妬、悲哀などの表現に挑む。また、舞台美術は多彩な活動を展開するコミュニケーションディレクターの森本千絵(goen°)が担当している。

なお、12月24日と25日の公演後には三谷と鈴木がゲストを迎えるクリスマストークも開催される。ゲストはシス・カンパニーホームページで後日発表される。チケット一般発売は11月16日からスタート。


イベント情報

『声』

2013年12月18日(水)~12月26日(木)全10公演
会場:東京都 表参道 スパイラルホール
作:ジャン・コクトー
演出:三谷幸喜
出演:鈴木京香
料金:5,000円
※12月24日、25日の終演後に三谷幸喜、鈴木京香とゲストによるトーク開催

(画像上:『声』フライヤービジュアル、画像中:三谷幸喜、画像下:鈴木京香)

『声』フライヤービジュアル
『声』フライヤービジュアル
三谷幸喜
三谷幸喜
鈴木京香
鈴木京香
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送