ニュース

『行け!稲中卓球部』の20周年祝う原画展、田辺の胸毛風さきいかなどグッズも販売

古谷実のギャグ漫画『行け!稲中卓球部』の原画展『行け!稲中卓球部 20TH ANNIVERSARY 原画展 in Tree Village』が、11月1日から東京・押上の東京スカイツリータウン ソラマチ4F Tree Villageで開催される。

『行け!稲中卓球部』は、1993年から1996年まで『週刊ヤングマガジン』で連載され、現在でも根強い人気を持つギャグ漫画。稲豊市立稲豊中学校の卓球部を舞台に、主人公・前野をはじめとする強烈な個性をもった登場人物たちが繰り広げる日常を描いた作品だ。

同作の連載20週年を記念して開催される同展では、原画が展示されるほか、作中に登場する「死ね死ね団」と記念撮影ができる特設パネルや、名場面や名台詞と一緒に撮影できるARコンテンツなども展開される。また、物販コーナーでは「田辺の胸毛風さきいか」や「12分の2の確率で頭がぱーんとなる」という激辛クッキー、マフラータオルといったオリジナルグッズのほか、今年5月にフランス・パリで開催された『世界卓球』とのコラボTシャツも販売される。なお、会場で販売されるグッズは、テレ東本舗またはmu-moショップでも11月8日から購入可能だ。

イベント情報

『行け!稲中卓球部 20TH ANNIVERSARY 原画展 in Tree Village』

2013年11月1日(金)~11月17日(日)
会場:東京都 押上 東京スカイツリータウン ソラマチ4F Tree Village
時間:10:00~21:00
料金:無料

(画像上:『行け!稲中卓球部 20周年記念プロジェクト』メインビジュアル、画像下:『行け!稲中卓球部 20TH ANNIVERSARY 原画展 in Tree Village』会場イメージ)

『行け!稲中卓球部 20周年記念プロジェクト』メインビジュアル
『行け!稲中卓球部 20周年記念プロジェクト』メインビジュアル
『行け!稲中卓球部 20TH ANNIVERSARY 原画展 in Tree Village』会場イメージ
『行け!稲中卓球部 20TH ANNIVERSARY 原画展 in Tree Village』会場イメージ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い