ニュース

『行け!稲中卓球部』の20周年祝う原画展、田辺の胸毛風さきいかなどグッズも販売

古谷実のギャグ漫画『行け!稲中卓球部』の原画展『行け!稲中卓球部 20TH ANNIVERSARY 原画展 in Tree Village』が、11月1日から東京・押上の東京スカイツリータウン ソラマチ4F Tree Villageで開催される。

『行け!稲中卓球部』は、1993年から1996年まで『週刊ヤングマガジン』で連載され、現在でも根強い人気を持つギャグ漫画。稲豊市立稲豊中学校の卓球部を舞台に、主人公・前野をはじめとする強烈な個性をもった登場人物たちが繰り広げる日常を描いた作品だ。

同作の連載20週年を記念して開催される同展では、原画が展示されるほか、作中に登場する「死ね死ね団」と記念撮影ができる特設パネルや、名場面や名台詞と一緒に撮影できるARコンテンツなども展開される。また、物販コーナーでは「田辺の胸毛風さきいか」や「12分の2の確率で頭がぱーんとなる」という激辛クッキー、マフラータオルといったオリジナルグッズのほか、今年5月にフランス・パリで開催された『世界卓球』とのコラボTシャツも販売される。なお、会場で販売されるグッズは、テレ東本舗またはmu-moショップでも11月8日から購入可能だ。

イベント情報

『行け!稲中卓球部 20TH ANNIVERSARY 原画展 in Tree Village』

2013年11月1日(金)~11月17日(日)
会場:東京都 押上 東京スカイツリータウン ソラマチ4F Tree Village
時間:10:00~21:00
料金:無料

(画像上:『行け!稲中卓球部 20周年記念プロジェクト』メインビジュアル、画像下:『行け!稲中卓球部 20TH ANNIVERSARY 原画展 in Tree Village』会場イメージ)

『行け!稲中卓球部 20周年記念プロジェクト』メインビジュアル
『行け!稲中卓球部 20周年記念プロジェクト』メインビジュアル
『行け!稲中卓球部 20TH ANNIVERSARY 原画展 in Tree Village』会場イメージ
『行け!稲中卓球部 20TH ANNIVERSARY 原画展 in Tree Village』会場イメージ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う