ニュース

リヴァー・フェニックス急逝から約20年、幻の遺作が来年日本公開

リヴァー・フェニックスの遺作『ダーク・ブラッド(原題)』が、2014年に東京・渋谷のユーロスペースほか全国で公開される。

映画『スタンド・バイ・ミー』『マイ・プライベート・アイダホ』などに出演し、1993年に23歳の若さで急逝したリヴァー・フェニックス。ジョルジュ・シュルイツァーがメガホンをとった同作は、フェニックスの突然の死によって制作が中断されていたが、2008年にシュルイツァー監督が大病を患って死に直面したことから決意を新たにし、撮影出来なかったシーンをナレーションで補うなどの工夫をこらして完成させたという。

かつて核実験場だった砂漠に住む孤独な青年と、車が故障したことから青年に助けを求める夫婦との緊迫した三角関係を描いた同作で、フェニックスは親切だが不気味な雰囲気を漂わせながら、妖しい魅力で人妻を惑わす青年役に挑戦。彼の新たな一面を見られる作品となっている。

作品情報

『ダーク・ブラッド(原題)』

2014年にユーロスペースほか全国ロードショー
監督:ジョルジュ・シュルイツァー
出演:
リヴァー・フェニックス
ジョナサン・プライス
ジュディ・デイヴィス
ほか
配給:マジックアワー

(画像:©2013 Sluizer Films BV)

『ダーク・ブラッド(原題)』 ©2013 Sluizer Films BV
『ダーク・ブラッド(原題)』 ©2013 Sluizer Films BV
『ダーク・ブラッド(原題)』 ©2013 Sluizer Films BV
『ダーク・ブラッド(原題)』 ©2013 Sluizer Films BV
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで