ニュース

リヴァー・フェニックス急逝から約20年、幻の遺作が来年日本公開

リヴァー・フェニックスの遺作『ダーク・ブラッド(原題)』が、2014年に東京・渋谷のユーロスペースほか全国で公開される。

映画『スタンド・バイ・ミー』『マイ・プライベート・アイダホ』などに出演し、1993年に23歳の若さで急逝したリヴァー・フェニックス。ジョルジュ・シュルイツァーがメガホンをとった同作は、フェニックスの突然の死によって制作が中断されていたが、2008年にシュルイツァー監督が大病を患って死に直面したことから決意を新たにし、撮影出来なかったシーンをナレーションで補うなどの工夫をこらして完成させたという。

かつて核実験場だった砂漠に住む孤独な青年と、車が故障したことから青年に助けを求める夫婦との緊迫した三角関係を描いた同作で、フェニックスは親切だが不気味な雰囲気を漂わせながら、妖しい魅力で人妻を惑わす青年役に挑戦。彼の新たな一面を見られる作品となっている。

作品情報

『ダーク・ブラッド(原題)』

2014年にユーロスペースほか全国ロードショー
監督:ジョルジュ・シュルイツァー
出演:
リヴァー・フェニックス
ジョナサン・プライス
ジュディ・デイヴィス
ほか
配給:マジックアワー

(画像:©2013 Sluizer Films BV)

『ダーク・ブラッド(原題)』 ©2013 Sluizer Films BV
『ダーク・ブラッド(原題)』 ©2013 Sluizer Films BV
『ダーク・ブラッド(原題)』 ©2013 Sluizer Films BV
『ダーク・ブラッド(原題)』 ©2013 Sluizer Films BV
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演