ニュース

『SWITCH』最新号はドワンゴ会長・川上量生責任編集の特集「スタジオジブリという物語」

スタジオジブリの特集記事「スタジオジブリという物語」が、11月20日発売の雑誌『SWITCH』2013年12月号に掲載されている。

同特集は、現在スタジオジブリでプロデューサー見習いとして修行中の川上量生(株式会社ドワンゴ取締役会長)が責任編集を担当。11月23日から全国東宝系で公開される高畑勲監督の約14年ぶりの新作映画『かぐや姫の物語』や、9月に引退を宣言した宮崎駿監督にスポットをあてる。

川上が聞き手となった対談には、『かぐや姫の物語』プロデューサーの西村義明をはじめ、鈴木敏夫、糸井重里、川村元気が登場。また、スタジオジブリを題材にしたドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』でメガホンをとった砂田麻美監督のインタビューに加えて、『かぐや姫の物語』の声優陣、主題歌を務めた二階堂和美、久石譲が手掛けた劇中音楽、アニメーション作画、背景美術などにフォーカスした記事が掲載される。

なお、今号から宮崎あおいの新連載「世界をいただきます」がスタートするほか、椎名林檎、宇野亜喜良、園子温、佐藤健、柄本佑らが誌面に登場している。SWITCHのオフィシャルオンラインショップから購入すると『かぐや姫の物語』の特典ポスターが付属する。

書籍情報

『SWITCH 2013年12月号』

2013年11月20日発売
価格:819円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

(画像:『SWITCH 2013年12月号』表紙 ©Switch Publishing)

『SWITCH 2013年12月号』表紙 ©Switch Publishing
『SWITCH 2013年12月号』表紙 ©Switch Publishing
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る