ニュース

『SWITCH』最新号はドワンゴ会長・川上量生責任編集の特集「スタジオジブリという物語」

スタジオジブリの特集記事「スタジオジブリという物語」が、11月20日発売の雑誌『SWITCH』2013年12月号に掲載されている。

同特集は、現在スタジオジブリでプロデューサー見習いとして修行中の川上量生(株式会社ドワンゴ取締役会長)が責任編集を担当。11月23日から全国東宝系で公開される高畑勲監督の約14年ぶりの新作映画『かぐや姫の物語』や、9月に引退を宣言した宮崎駿監督にスポットをあてる。

川上が聞き手となった対談には、『かぐや姫の物語』プロデューサーの西村義明をはじめ、鈴木敏夫、糸井重里、川村元気が登場。また、スタジオジブリを題材にしたドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』でメガホンをとった砂田麻美監督のインタビューに加えて、『かぐや姫の物語』の声優陣、主題歌を務めた二階堂和美、久石譲が手掛けた劇中音楽、アニメーション作画、背景美術などにフォーカスした記事が掲載される。

なお、今号から宮崎あおいの新連載「世界をいただきます」がスタートするほか、椎名林檎、宇野亜喜良、園子温、佐藤健、柄本佑らが誌面に登場している。SWITCHのオフィシャルオンラインショップから購入すると『かぐや姫の物語』の特典ポスターが付属する。

書籍情報

『SWITCH 2013年12月号』

2013年11月20日発売
価格:819円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

(画像:『SWITCH 2013年12月号』表紙 ©Switch Publishing)

『SWITCH 2013年12月号』表紙 ©Switch Publishing
『SWITCH 2013年12月号』表紙 ©Switch Publishing
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演