ニュース

元気ロケッツのLumiこと安田レイ、ソロ新作のリミックスに元気ロケッツら

安田レイの新曲“Let It Snow”と配信限定の4曲入りEP『Let It Snow』が12月4日に配信リリースされる。

1993年にアメリカ・ノースカロライナで生まれた安田は、13歳で元気ロケッツのオーディションに合格し、Lumi名義で活動。今年7月にシングル『Best of my Love』でソロシンガーとしてデビューした。

“Let It Snow”は、“Best of my Love”に引き続きagehaspringsの代表を務める玉井健二がプロデュースを担当。同楽曲には「忘れる事の出来ない誰かと一緒に過ごした想い出に浸りながら聴いて欲しい」という安田の思いが込められているという。EP『Let It Snow』には、元気ロケッツとDJ DECKSTREAMが手掛けたリミックスと、“Let It Snow”のインストバージョンが収録される。また、11月27日からは着うたで“Let It Snow”の配信がスタートする。

なお、ソニーのヘッドホンMDR-10とコラボレートした“Let It Snow”のショートバージョンPVが公開中。「Life with Music」をテーマに、ヘッドホンを装着することで自分だけの世界に浸れる時間や、音楽と共に過ごす安田の等身大の姿が描かれている。なお、12月4日にはフルバージョンを公開予定。この映像に素材として使用される写真や動画をTwitterで11月27日まで募集している。投稿方法などの詳細はオフィシャルサイトからチェックしてみよう。

リリース情報

安田レイ
『Let It Snow』

2013年12月4日から配信リリース

1. Let It Snow
2. Best of my Love -Genki Rockets Remix-
3. Best of my Love -DJ DECKSTREAM Remix-
4. Let It Snow -Instrumental-

(画像上:安田レイ、画像下:安田レイ『Let It Snow』ジャケット)

安田レイ
安田レイ
安田レイ『Let It Snow』ジャケット
安田レイ『Let It Snow』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く