特集 PR

元気ロケッツ インタビュー

元気ロケッツ インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:井手聡太

米国アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭『SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA』(以下、SSFF & ASIA)で、来年度(2010年6月開催予定)からスタートする「ミュージックShortクリエイティブ部門」。今回はSSFF & ASIA特集第三弾として、元気ロケッツの中心人物として、また世界に名を馳せるゲームプロデューサーとしても活躍する水口哲也氏に、ミュージックビデオの可能性を語ってもらった。あまりの想像力のすごさに脱帽すること必至。映像と音楽の世界は、まだまだ進化する。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:井手聡太)

音楽から生まれる 新感覚ショートフィルムを募集中!

海外では「PV」ではなく「ミュージック・ビデオ」。それはもうひとつの作品で、そこからヒットが生まれているくらいの力がある。

─『SSFF & ASIA』の存在はもともとご存じだったんですか?

水口:知ってましたよ。別所哲也さんがやられていたので。なんで別所さんがそんなに真剣にやり続けられるんだろうか、どこにそのエネルギーとモチベーションがあるんだろうか、正直に言うと、昔はそれをちょっと遠巻きに見ていたと思います。

─そこに実際に関わる立場になりました。

水口:去年ですよね、ミュージック・ビデオ部門が新設されて、セレモニーにも出させていただいて。実際、体感して考え方が変わりました。すごく単純なことなんだけど、SSFFとミュージック・ビデオっていうのは、とても相性がいいですよね。まだまだ見たことのないような新しい映像表現が出てくると思うし、他の国ではドラマ仕立てのミュージック・ビデオっていうのも多いし、そう考えると、このような試みがグローバル化していくひとつの流れになるのかなっていう期待感はあります。ここから新しいジャンルが登場して、いろんな才能が出てくるんじゃないかと思います。それこそ僕が最初にゲームを選んだみたいに、ここから映画に行く人もいるだろうし、音楽に行く人もいるかもしれないし、当然ミュージック・ビデオを極めていく人もいるだろうし。いろんな表現に行ける可能性があると思いますね。

─PV=プロモーションするための映像から、ひとつの作品に移っていく?

水口:そうあってほしいですね。PVって言うのは日本くらいですから。ヨーロッパやアメリカではちゃんとミュージック・ビデオって言いますし、それはもうひとつの作品で、そこからヒットが生まれているくらいの力がある。それだけアーティストも入れ込みますしね。いつの間にか日本ではプロモーション・ツールの一環となってしまって、安易に制作されることが多くなってしまいましたね。これだけ映像と音楽の表現手段が定着したわけだし、これだけ音楽と映像を両方楽しめるメディアが普及したわけだから、今の世代にとっては、ただ音楽を聴くばかりでは、物足りなくなってきている人もいるんじゃないかと思うんですよね。だから、ミュージック・ビデオは、表現手段としてもっと変わっていくと思うし、パワフルにもなって欲しいと思います。

2/4ページ:日本だけではなくて、地球全体として考えたときに、どれだけの人をポジティブな気持ちにできるか。

Page 1
次へ

Genki Rockets DJ Live Set Information

『Sweet Society 2009 X’mas〜night party〜』

2009年11月29日(日)
会場:大阪堂島ホテル

『Esperanza』

2009年12月27日(日)
会場:麻布十番WAREHOUSE702

MILD SEVEN presents
『Blue Windy Night』

2009年12月31日(木)
会場:六本木MADO LOUNGE

リリース情報

元気ロケッツI-Heavenly Star-
元気ロケッツ
『元気ロケッツI-Heavenly Star-』

2008年7月2日発売
価格:3,059円(税込)
エイベックス・エンタテインメント AVCD-23448

1. Prologus –Earth Rise-
2. Breeze
3. Smile
4. Star Line
5. Heavenly Star
6. Intermediate –Orbit Swimming-
7. I will
8. Star Surfer
9. Never Ever
10. Fly!
11. Star Line(Japanese Ver.)
12. Breeze:Summer Afternoon Mix
13. Breeze:Star Breeze Mix

インフォメーション

THE BEST REMIXES of CK
Crystal Kayデビュー10周年記念プロジェクト第3弾として12月16日発売のベストリミックスアルバムに元気ロケッツが参加!!

2009年12月16日発売
価格:2,100円(税込)
EPICレコードジャパン ESCL-3337

※M-1「恋におちたら Genki Rockets Remix」

プロフィール

日本発、世界に向けたコラボレーション・プロジェクト、Genki Rockets。同時多発テロから5 年後の2006年9月11日、ネット上に「Heavenly Star」の映像が初めて配信されると瞬く間に全世界に広がり、YoutubeやMyspaceで話題をさらう。(Youtubeでは100万を超えるアクセスを更新中。)2008年7月、デビューアルバム『元気ロケッツ I-Heavenly Star-』を発表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演