特集 PR

元気ロケッツ インタビュー

元気ロケッツ インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:井手聡太

米国アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭『SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA』(以下、SSFF & ASIA)で、来年度(2010年6月開催予定)からスタートする「ミュージックShortクリエイティブ部門」。今回はSSFF & ASIA特集第三弾として、元気ロケッツの中心人物として、また世界に名を馳せるゲームプロデューサーとしても活躍する水口哲也氏に、ミュージックビデオの可能性を語ってもらった。あまりの想像力のすごさに脱帽すること必至。映像と音楽の世界は、まだまだ進化する。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:井手聡太)

音楽から生まれる 新感覚ショートフィルムを募集中!

海外では「PV」ではなく「ミュージック・ビデオ」。それはもうひとつの作品で、そこからヒットが生まれているくらいの力がある。

─『SSFF & ASIA』の存在はもともとご存じだったんですか?

水口:知ってましたよ。別所哲也さんがやられていたので。なんで別所さんがそんなに真剣にやり続けられるんだろうか、どこにそのエネルギーとモチベーションがあるんだろうか、正直に言うと、昔はそれをちょっと遠巻きに見ていたと思います。

─そこに実際に関わる立場になりました。

水口:去年ですよね、ミュージック・ビデオ部門が新設されて、セレモニーにも出させていただいて。実際、体感して考え方が変わりました。すごく単純なことなんだけど、SSFFとミュージック・ビデオっていうのは、とても相性がいいですよね。まだまだ見たことのないような新しい映像表現が出てくると思うし、他の国ではドラマ仕立てのミュージック・ビデオっていうのも多いし、そう考えると、このような試みがグローバル化していくひとつの流れになるのかなっていう期待感はあります。ここから新しいジャンルが登場して、いろんな才能が出てくるんじゃないかと思います。それこそ僕が最初にゲームを選んだみたいに、ここから映画に行く人もいるだろうし、音楽に行く人もいるかもしれないし、当然ミュージック・ビデオを極めていく人もいるだろうし。いろんな表現に行ける可能性があると思いますね。

─PV=プロモーションするための映像から、ひとつの作品に移っていく?

水口:そうあってほしいですね。PVって言うのは日本くらいですから。ヨーロッパやアメリカではちゃんとミュージック・ビデオって言いますし、それはもうひとつの作品で、そこからヒットが生まれているくらいの力がある。それだけアーティストも入れ込みますしね。いつの間にか日本ではプロモーション・ツールの一環となってしまって、安易に制作されることが多くなってしまいましたね。これだけ映像と音楽の表現手段が定着したわけだし、これだけ音楽と映像を両方楽しめるメディアが普及したわけだから、今の世代にとっては、ただ音楽を聴くばかりでは、物足りなくなってきている人もいるんじゃないかと思うんですよね。だから、ミュージック・ビデオは、表現手段としてもっと変わっていくと思うし、パワフルにもなって欲しいと思います。

2/4ページ:日本だけではなくて、地球全体として考えたときに、どれだけの人をポジティブな気持ちにできるか。

Page 1
次へ

Genki Rockets DJ Live Set Information

『Sweet Society 2009 X’mas〜night party〜』

2009年11月29日(日)
会場:大阪堂島ホテル

『Esperanza』

2009年12月27日(日)
会場:麻布十番WAREHOUSE702

MILD SEVEN presents
『Blue Windy Night』

2009年12月31日(木)
会場:六本木MADO LOUNGE

リリース情報

元気ロケッツI-Heavenly Star-
元気ロケッツ
『元気ロケッツI-Heavenly Star-』

2008年7月2日発売
価格:3,059円(税込)
エイベックス・エンタテインメント AVCD-23448

1. Prologus –Earth Rise-
2. Breeze
3. Smile
4. Star Line
5. Heavenly Star
6. Intermediate –Orbit Swimming-
7. I will
8. Star Surfer
9. Never Ever
10. Fly!
11. Star Line(Japanese Ver.)
12. Breeze:Summer Afternoon Mix
13. Breeze:Star Breeze Mix

インフォメーション

THE BEST REMIXES of CK
Crystal Kayデビュー10周年記念プロジェクト第3弾として12月16日発売のベストリミックスアルバムに元気ロケッツが参加!!

2009年12月16日発売
価格:2,100円(税込)
EPICレコードジャパン ESCL-3337

※M-1「恋におちたら Genki Rockets Remix」

プロフィール

日本発、世界に向けたコラボレーション・プロジェクト、Genki Rockets。同時多発テロから5 年後の2006年9月11日、ネット上に「Heavenly Star」の映像が初めて配信されると瞬く間に全世界に広がり、YoutubeやMyspaceで話題をさらう。(Youtubeでは100万を超えるアクセスを更新中。)2008年7月、デビューアルバム『元気ロケッツ I-Heavenly Star-』を発表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開