ニュース

剛力彩芽が恋に奥手な女子高生役に、少女漫画原作の恋愛同居映画『L♡DK』

渡辺あゆ原作の映画『L♡DK』が、4月12日から全国で公開される。

2009年から少女漫画誌『別冊フレンド』に連載中の『L♡DK』は、直情型で暴走しがちだが恋に奥手な女子高生・葵と、学校一のモテ男・柊聖が、ある事件をきっかけに秘密の同居生活をはじめたことから巻き起こる様々なトラブルや恋愛模様などを描いた作品。実写版では、冷めたい性格の柊聖のことを嫌っていたが、やがて彼の意外な一面を知って心惹かれていく葵役に剛力彩芽、次第に葵と心の距離を縮めていく柊聖役に山崎賢人がキャスティングされている。なお、タイトルの『L♡DK』とは「ラブ同居」を意味しているという。

メガホンをとったのは映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『映画 ひみつのアッコちゃん』などを手掛けた川村泰祐、脚本は松田裕子、劇中音楽は遠藤浩二が担当。主題歌にはHoney L Daysの“君色デイズ”が起用されている。

作品情報

『L♡DK』

2014年4月12日(土)から全国公開
監督:川村泰祐
脚本:松田裕子
原作:渡辺あゆ『L♡DK』(講談社)
音楽:遠藤浩二
出演:
剛力彩芽
山崎賢人
中尾明慶
岡本玲
高島礼子
福士誠治
桐山漣
石橋杏奈
藤井隆
白石美帆
配給:東映

(画像:©2014「L♡DK」製作委員会)

『L♡DK』 ©2014「L♡DK」製作委員会
『L♡DK』 ©2014「L♡DK」製作委員会
『L♡DK』 ©2014「L♡DK」製作委員会
『L♡DK』 ©2014「L♡DK」製作委員会
『L♡DK』 ©2014「L♡DK」製作委員会
『L♡DK』 ©2014「L♡DK」製作委員会
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら