ニュース

『Coyote』最新号はジョン・カサヴェテスを紐解く特集、7作品の特集上映も開催

ジョン・カサヴェテス監督の特集記事が、12月15日に発売された雑誌『coyote』に掲載されている。

2014年に没後25年を迎えるカサヴェテスは、1959年に映画『アメリカの影』で監督デビュー。1989年に死去するまで、商業主義的な映画製作とは一線を画した自主制作による作品群を発表し続け、後の映画界に多大なる影響を及ぼしたことから、アメリカインディペンデント映画の父とも呼ばれている。

同特集では、カサヴェテスが生前に遺したインタビューを再構成した記事「ジョン・カサヴェテス、かく語りき」をはじめ、ジーナ・ローランズやシーモア・カッセル、ピーター・フォーク、ベン・ギャザラらカサヴェテス作品の出演者たちへのインタビュー「カサヴェテスと歩んだ俳優たち」が掲載されている。また、三宅唱、濱口竜介、想田和弘、富田克也、西川美和、鈴木卓爾、熊切和嘉、入江悠、三浦大輔、李相日、青山真治、沖田修一がカサヴェテス作品を紐解く「映画監督がひも解くフィルモグラフィ」、さらに寺島進、村上淳、柄本佑ら俳優陣がカサヴェテス作品について語るインタビューなど、多彩な切り口から同監督の作品と生涯を紐解いていく。

なお、同書の刊行を記念するトークイベントが、12月20日に東京・西麻布のRainy Day Bookstore & Cafeで開催。参加申し込み方法はスイッチ・パブリッシングのオフィシャルサイトで確認しよう。また、カサヴェテスの特集上映『ジョン・カサヴェテス、ふたたび』が、1月4日から東京・渋谷のオーディトリウム渋谷で開催される。

書籍情報

『coyote』No.50

2013年12月15日発売
価格:1,260円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

イベント情報

『Coyote No.50 刊行記念 松田広子 × 新井敏記 トークイベント』

2013年12月20日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 西麻布 Rainy Day Bookstore & Cafe
出演:
松田広子(映画プロデューサー)
新井敏記(『Coyote』編集長)
料金:1,500円

イベント情報

『祝50号!刊行記念 新井敏記トークショー「森山大道からカサヴェテスまで」 』

2013年12月22日(日)START 14:00
会場:東京都 渋谷 パルコブックセンター渋谷店 特設会場
出演:新井敏記(『Coyote』編集長)
※パルコブックセンター渋谷店で『Coyote』No.50を購入した方に整理券を配布、入場時にドリンク代300円が必要

イベント情報

『ジョン・カサヴェテス、ふたたび』

2014年1月4日(土)~1月10日(金)
会場:東京都 渋谷 オーディトリウム渋谷
上映作品:
『ラヴ・ストリームス』
『こわれゆく女』
『アメリカの影』
『フェイシズ』
『オープニング・ナイト』
『チャイニーズ・ブッキーを殺した男』
『マイキー&ニッキー』
料金:
当日 一般1,200円 学生・シニア1,000円
3回券2,700円
※上映プログラムはオーディトリウム渋谷のオフィシャルサイト参照

(画像:『coyote』No.50表紙 ©Switch Publishing)

『coyote』No.50表紙 ©Switch Publishing
『coyote』No.50表紙 ©Switch Publishing
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. 鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実 1

    鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実

  2. フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために 2

    フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために

  3. amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える 3

    amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える

  4. 田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う 4

    田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う

  5. 東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開 5

    東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開

  6. 家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び 6

    家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び

  7. フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続 7

    フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続

  8. NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら 8

    NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら

  9. 大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは 9

    大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは

  10. 阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く 10

    阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く