ニュース

英国アートを紐解くブリティッシュ・カウンシル・コレクション展、Twitterツアーも

イギリスの現代アートシーンを紹介する展覧会『プライベート・ユートピア ここだけの場所 ― ブリティッシュ・カウンシル・コレクションにみる英国美術の現在』が、3月9日まで東京・丸の内の東京ステーションギャラリーで開催されている。

イギリスの優れた近現代美術を集めたブリティッシュ・カウンシル・コレクション。同展では、コレクションからギャリー・ヒューム、マーティン・クリード、ジム・ランビーら約30人のアーティストによる絵画、写真、映像、立体など約120点が「風景」「物語」「ユーモア」「わたし」「引用」といったキーワードから紐解かれている。

また、同展会場からブリティッシュ・カウンシルのキュレーターであるエマ・ジフォード=ミードがTwitterを通じて作品を紹介する『「プライベート・ユートピア ここだけの場所」ツイッター・ギャラリーツアー』が、1月22日19:00から約1時間にわたって行われる。ツアー中はTwitterを通じてコメントや質問なども受付けるという。詳細は同展のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお、同展は4月12日から兵庫・伊丹市立美術館および伊丹市工芸センター、11月2日から高知・高知県立美術館、2015年1月9日から岡山・岡山県立美術館を巡回する予定だ。


イベント情報

『プライベート・ユートピア ここだけの場所 ― ブリティッシュ・カウンシル・コレクションにみる英国美術の現在』

2014年1月18日(土)~3月9日(日)
会場:東京都 丸の内 東京ステーションギャラリー
時間:10:00~18:00、金曜10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
参加作家:
アンナ・バリボール
ジェイク・アンド・ディノス・チャップマン
アダム・チョズコ
マーカス・コーツ
マーティン・クリード
ジェレミー・デラー
ピーター・ドイグ
トレイシー・エミン
ライアン・ガンダー
エド・ホール
ロジャー・ハイオンズ
ギャリー・ヒューム
ジム・ランビー
ローラ・ランカスター
サラ・ルーカス
ハルーン・ミルザ
マイク・ネルソン
ポール・ノーブル
コーネリア・パーカー
グレイソン・ペリー
エリザベス・プライス
ジョージ・ショウ
デイヴィッド・シュリグリー
サイモン・スターリング
ウッド&ハリソン
ケリス・ウィン・エヴァンス
トビー・ジーグラー
休館日:月曜
料金:一般900円 高校・大学生700円 小・中学生400円
※20名以上の団体は100円引き
※障がい者手帳等持参の方は100円引き、その介添者1名は無料

兵庫巡回展
2014年4月12日(土)~5月25日(日)
会場:兵庫県 伊丹市立美術館、伊丹市工芸センター

高知巡回展
2014年11月2日(日)~12月23日(火・祝)
会場:高知県 高知県立美術館

岡山巡回展
2015年1月9日(金)~2月22日(日)
会場:岡山県 岡山県立美術館

(画像上から:エド・ホール『ブリティッシュ・カウンシル・コレクション・バナー(コンテンポラリー・アート・バージョン)』2012 © Ed Hall、ライアン・ガンダー『四代目エジャートン男爵の16枚の羽毛がついた極楽鳥』2010 © Ryan Gander. Courtesy the Artist、サラ・ルーカス『「セルフ・ポートレート1990-1998」から スモーキング 1998』 1999 Courtesy Sadie Coles HQ, London © The Artist、ギャリー・ヒューム『シスター・トゥループ』2009 © Gary Hume and Paragon | Contemporary Editions Ltd、デイヴィッド・シュリグリー『アイム・デッド』2010 Collection Hamilton Corporate Finance, London Image Courtesy Kelvingrove Art Gallery and Museum © The Artist)

エド・ホール『ブリティッシュ・カウンシル・コレクション・バナー(コンテンポラリー・アート・バージョン)』2012 © Ed Hall
エド・ホール『ブリティッシュ・カウンシル・コレクション・バナー(コンテンポラリー・アート・バージョン)』2012 © Ed Hall
ライアン・ガンダー『四代目エジャートン男爵の16枚の羽毛がついた極楽鳥』2010 © Ryan Gander. Courtesy the Artist
ライアン・ガンダー『四代目エジャートン男爵の16枚の羽毛がついた極楽鳥』2010 © Ryan Gander. Courtesy the Artist
サラ・ルーカス『「セルフ・ポートレート1990-1998」から スモーキング 1998』 1999 Courtesy Sadie Coles HQ, London © The Artist
サラ・ルーカス『「セルフ・ポートレート1990-1998」から スモーキング 1998』 1999 Courtesy Sadie Coles HQ, London © The Artist
ギャリー・ヒューム『シスター・トゥループ』2009 © Gary Hume and Paragon | Contemporary Editions Ltd
ギャリー・ヒューム『シスター・トゥループ』2009 © Gary Hume and Paragon | Contemporary Editions Ltd
デイヴィッド・シュリグリー『アイム・デッド』2010 Collection Hamilton Corporate Finance, London Image Courtesy Kelvingrove Art Gallery and Museum © The Artist
デイヴィッド・シュリグリー『アイム・デッド』2010 Collection Hamilton Corporate Finance, London Image Courtesy Kelvingrove Art Gallery and Museum © The Artist
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ヒトリエ“青”

ヒトリエのニューアルバム『HOWLS』の収録曲“青”のMVが公開。淡い色彩の中で力強くこだまするバンド演奏と、男女2人の刹那的で美しいシーンが織りなす世界観が、切ない歌詞とリンクしながらさらに加速していくようだ。MV中も印象的に使われている「青」が、楽曲を鮮やかに彩り、余韻を残している。デビュー5周年を迎えたヒトリエを牽引するにふさわしい、儚くも力強いバラード楽曲。(野々村)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る