ニュース

「通学路」が映し出す子どもと地球、ドキュメンタリー映画『世界の果ての通学路』

「通学路」に焦点をあてるドキュメンタリー映画『世界の果ての通学路』が、4月から東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。

同作は、地球上の4つの地域の険しい通学風景に密着した作品。ケニアのサバンナを命がけで駆け抜ける子ども、見渡す限り無人のパタゴニア平原を妹と共に馬に乗って通学する子ども、アトラス山脈を越えて寄宿舎を目指すモロッコの女の子たち、幼い弟たちに車椅子を押されながら、舗装されていない道を学校に向かうインドの子どもの姿が、雄大な自然と共に捉えられている。子供たちの学習に対する高いモチベーションと、その意志をサポートする家族の愛情や勇気などを描きながら、人間と学習の本質に迫る。

メガホンをとったのは、12年間にわたってケニアに通ったドキュメンタリー作品『マサイ』でも知られるパスカル・ブリッソン。


『世界の果ての通学路』試写会にご招待

3月22日(土)15:20(開場15:00)から東京・シネマート六本木SCREEN4(東京都港区六本木3-8-153F)で行われる『世界の果ての通学路』試写会に5組10名様をご招待いたします!
トーク:パスカル・プリッソン監督&出演者(ケニアの兄妹)
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2014年3月16日)

作品情報

『世界の果ての通学路』

2014年4月からシネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督:パスカル・プリッソン
配給:キノフィルムズ

(画像:©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade)

『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』ポスタービジュアル ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』ポスタービジュアル ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
『世界の果ての通学路』 ©2013 - Winds – Ymagis – Herodiade
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー