ニュース

指原莉乃が不幸女子役で主演、福田雄一監督のコメディー映画『薔薇色のブー子』

指原莉乃(HKT48)が主演を務める福田雄一監督の新作映画『薔薇色のブー子』が、5月30日から全国で公開されることがわかった。

ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズや『コドモ警察』シリーズ、映画『HK/変態仮面』『俺はまだ本気だしてないだけ』などで知られ、桐谷美玲主演の映画『女子ーズ』の公開を6月に控えている福田監督。昨年実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』で指原が1位に輝いたことを記念して製作された同作は、いつも文句を言っているため「ブー子」というあだ名をつけられた大学生の幸子が、Twitter上で自称ジョニー・デップ似の男性と知り合ったことをきっかけに、自分を変えるべく一念発起する様子を描いたコメディー作品となる。

何十匹もの黒猫や不吉なカップルとの遭遇、落とし穴への落下、交通事故など様々なハプニングに見舞われる幸子役を指原が演じるほか、ユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、鈴木福がキャストに名を連ねている。

指原莉乃のコメント

たくさんの素敵な俳優さん、女優さんに囲まれての撮影は常にドキドキでした。演技下手な私も頑張りました!内容は、まさに悲劇のヒロイン。かわいそうな私を笑ってください!

福田雄一監督のコメント

日本のトップアイドルの1位に君臨する指原莉乃さんをイメージして脚本を書きました。ビューティー・オブ・ザ・イヤーの指原さんの、素のままを演じていただいています。指原さんの魅力がたっぷり詰まった本作の完成をぜひ楽しみにしていてください!!

作品情報

『薔薇色のブー子』

2014年5月30日(金)から全国ロードショー
監督・脚本:福田雄一
出演:
指原莉乃
ユースケ・サンタマリア
ムロツヨシ
鈴木福
ほか
配給:東宝映像事業部

(画像:©2014「薔薇色のブー子」製作委員会)

『薔薇色のブー子』 ©2014「薔薇色のブー子」製作委員会
『薔薇色のブー子』 ©2014「薔薇色のブー子」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年