ニュース

伝説のポルノ映画主演女優の波乱に満ちた半生描く映画『ラヴレース』

ポルノ女優リンダ・ラヴレースの半生を描いた映画『ラヴレース』が、3月1日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開される。

リンダ・ラヴレースは、1970年にアメリカのポルノ映画史で稀に見る大ヒットを記録し、社会現象にもなった映画『ディープ・スロート』の主演女優。フロリダの小さな町で厳格な家庭に育った彼女がポルノ女優となった背景や、『ディープ・スロート』制作現場の裏側が1970年代のアメリカを舞台に描かれる。

主人公・ラヴレースを演じるのは、『ジュリエットからの手紙』『レ・ミゼラブル』などの出演で知られるアマンダ・セイフライド。ラヴレースの暴力的な夫・チャックをピーター・サースガード、ラヴレースの人生に大きな影響を与える母親ドロシーをシャロン・ストーンが演じるほか、ジェームズ・フランコ、クロエ・セヴィニーもキャストに名を連ねている。監督は、2010年にアレン・ギンズバーグの若き日を題材としたジェームズ・フランコ主演作『Howl』を手掛けたロブ・エプスタインとジェフリー・フリードマンのコンビ。

1970年代のアメリカの様子を忠実に再現している同作だが、ラヴレースの変遷を表現した衣装も見どころとなる。衣装のデザイン画を手掛けたのは『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のフランク・ダラボン監督の妻、カリン・ワグナー。ラヴレースが実際に表紙を務めた『Esquire』誌など、当時の雑誌などを参考にしながら現代にも受け入れられるようなアレンジを加えて完成させたという。

作品情報

『ラヴレース』

2014年3月1日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開
監督:ロバート・エプスタイン、ジェフリー・フリードマン
出演:
アマンダ・セイフライド
ピーター・サースガード
シャロン・ストーン
ジェームズ・フランコ
クロエ・セヴェニー
配給:日活

(画像:©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED)

『ラヴレース』 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
『ラヴレース』 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
『ラヴレース』 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
『ラヴレース』 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
『ラヴレース』 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
『ラヴレース』 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
『ラヴレース』 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
『ラヴレース』 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
『ラヴレース』 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
『ラヴレース』 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
カリン・ワグナーによる衣裳デザイン画 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
カリン・ワグナーによる衣裳デザイン画 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
カリン・ワグナーによる衣裳デザイン画 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
カリン・ワグナーによる衣裳デザイン画 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
カリン・ワグナーによる衣裳デザイン画 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
カリン・ワグナーによる衣裳デザイン画 ©2012 LOVELACE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年