『SWITCH』最新号に新世代音楽家が語る「スタンダード」特集、表紙は福山雅治

音楽特集「クラウド世代のためのミュージックスタンダード」が、本日3月20日発売のカルチャー誌『SWITCH』2014年4月号に掲載されている。

同特集では、20代を中心としたアーティストたちが自身にとっての「スタンダード」をセレクト。tofubeatsが宇多田ヒカルの革新性について語っているほか、andropが松任谷由実、青葉市子がフィッシュマンズ、黒沼英之が槇原敬之、「ゲスの極み乙女。」がゆらゆら帝国、爆弾ジョニーがTHE HIGH-LOWS、DJみそしるとMCごはんがピチカート・ファイブ、FOLKSがくるりについて、それぞれの視点から想いを明かしている。また、曽我部恵一と笹口騒音ハーモニカの対談や、SMAPに楽曲提供したアーティストたちへのQ&A集なども掲載されている。

表紙と巻頭特集には、4月5日に約5年ぶりのオリジナルアルバムHUMAN』をリリースする福山雅治が登場。ロングインタビューに加えて、事務所の後輩にあたる高橋優との対談も掲載されている。さらに同誌では、椎名林檎と石川さゆり、永作博美、池松壮亮らにスポットが当てられている。

書籍情報

『SWITCH』2014年4月号

2014年3月20日(木)発売
価格:882円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

(画像:『SWITCH』2014年4月号表紙)

  • HOME
  • Book
  • 『SWITCH』最新号に新世代音楽家が語る「スタンダード」特集、表紙は福山雅治

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて