ニュース

ホドロフスキー監督が来日、寺院で100人坐禅&「金と欲望」説法イベント開催

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の来日が決定。4月22日に東京・新橋のヤクルトホールで講演会、4月26日に東京・世田谷の寺院で『ホドロフスキーと100人坐禅大会』が開催される。

6月14日にドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』、7月12日に23年ぶりの監督作『リアリティのダンス』が公開されるホドロフスキー。『リアリティのダンス』のプレミア上映後に開催されるホドロフスキーの講演会では、来場者を対象にしたタロットリーディングも行われる。

『ホドロフスキーと100人坐禅大会』は、かつてメキシコで日本の禅僧に弟子入りし、本格的に禅の修行を積んだというホドロフスキーが、抽選で選ばれたファン100人と共に坐禅を組むイベント。当日は「金と欲望」をテーマにしたホドロフスキーによる説法も行われるとのこと。同イベントへの参加方法についてはオフィシャルサイトをチェックしよう。

さらに、ホドロフスキーの魅力に迫るフリーペーパー『THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY』の第2号も配布中。『ホドロフスキーのDUNE』を特集する同号は、岡村靖幸、ヤマザキマリ、円城塔、小島秀夫、家入一真、ザ・グレート・サスケらのコメントや、同作を監督したフランク・パヴィッチのインタビューを掲載しているほか、『ホドロフスキーのDUNE』に登場する未完のSF大作『DUNE』のストーリーボード集から、プロダクションデザインを公開している。なお、第2号の表紙デザインは前号に引き続き河村康輔が担当。東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクをはじめとする都内映画館での配布に加え、オフィシャルサイトではPDF版が公開されている。

イベント情報

ホドロフスキー監督講演&『リアリティのダンス』プレミア上映会

2014年4月22日(火)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 新橋 ヤクルトホール
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー
料金:前売2,500円 当日2,800円

イベント情報

『ホドロフスキーと100人坐禅大会』

2014年4月26日(土)OPEN 13:30 / START 14:00
会場:東京都 世田谷 某所
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー

書籍情報

『THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY Vol.2』

2014年4月1日(火)発行
執筆者:岡村靖幸、ヤマザキマリ、円城塔、小島秀夫、家入一真、ザ・グレート・サスケ、氷川竜介、柳下毅一郎、中子真治
発行:アップリンク

作品情報

『ホドロフスキーのDUNE』

2014年6月14日(土)から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか全国順次公開
監督:フランク・パヴィッチ
出演:
アレハンドロ・ホドロフスキー
ミシェル・セイドゥ
H.R.ギーガー
クリス・フォス
ニコラス・ウィンディング・レフン
配給:アップリンク / パルコ

作品情報

『リアリティのダンス』

2014年7月12日(土)から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか全国順次公開
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)
音楽:アダン・ホドロフスキー
出演:
ブロンティス・ホドロフスキー
パメラ・フローレス
クリストバル・ホドロフスキー
アダン・ホドロフスキー
配給:アップリンク

(画像上:アレハンドロ・ホドロフスキー、画像下:『THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY Vol.2』表紙)

アレハンドロ・ホドロフスキー
アレハンドロ・ホドロフスキー
『THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY Vol.2』表紙
『THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY Vol.2』表紙
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表