ニュース

ホドロフスキー監督が来日、寺院で100人坐禅&「金と欲望」説法イベント開催

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の来日が決定。4月22日に東京・新橋のヤクルトホールで講演会、4月26日に東京・世田谷の寺院で『ホドロフスキーと100人坐禅大会』が開催される。

6月14日にドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』、7月12日に23年ぶりの監督作『リアリティのダンス』が公開されるホドロフスキー。『リアリティのダンス』のプレミア上映後に開催されるホドロフスキーの講演会では、来場者を対象にしたタロットリーディングも行われる。

『ホドロフスキーと100人坐禅大会』は、かつてメキシコで日本の禅僧に弟子入りし、本格的に禅の修行を積んだというホドロフスキーが、抽選で選ばれたファン100人と共に坐禅を組むイベント。当日は「金と欲望」をテーマにしたホドロフスキーによる説法も行われるとのこと。同イベントへの参加方法についてはオフィシャルサイトをチェックしよう。

さらに、ホドロフスキーの魅力に迫るフリーペーパー『THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY』の第2号も配布中。『ホドロフスキーのDUNE』を特集する同号は、岡村靖幸、ヤマザキマリ、円城塔、小島秀夫、家入一真、ザ・グレート・サスケらのコメントや、同作を監督したフランク・パヴィッチのインタビューを掲載しているほか、『ホドロフスキーのDUNE』に登場する未完のSF大作『DUNE』のストーリーボード集から、プロダクションデザインを公開している。なお、第2号の表紙デザインは前号に引き続き河村康輔が担当。東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクをはじめとする都内映画館での配布に加え、オフィシャルサイトではPDF版が公開されている。

イベント情報

ホドロフスキー監督講演&『リアリティのダンス』プレミア上映会

2014年4月22日(火)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 新橋 ヤクルトホール
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー
料金:前売2,500円 当日2,800円

イベント情報

『ホドロフスキーと100人坐禅大会』

2014年4月26日(土)OPEN 13:30 / START 14:00
会場:東京都 世田谷 某所
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー

書籍情報

『THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY Vol.2』

2014年4月1日(火)発行
執筆者:岡村靖幸、ヤマザキマリ、円城塔、小島秀夫、家入一真、ザ・グレート・サスケ、氷川竜介、柳下毅一郎、中子真治
発行:アップリンク

作品情報

『ホドロフスキーのDUNE』

2014年6月14日(土)から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか全国順次公開
監督:フランク・パヴィッチ
出演:
アレハンドロ・ホドロフスキー
ミシェル・セイドゥ
H.R.ギーガー
クリス・フォス
ニコラス・ウィンディング・レフン
配給:アップリンク / パルコ

作品情報

『リアリティのダンス』

2014年7月12日(土)から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか全国順次公開
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)
音楽:アダン・ホドロフスキー
出演:
ブロンティス・ホドロフスキー
パメラ・フローレス
クリストバル・ホドロフスキー
アダン・ホドロフスキー
配給:アップリンク

(画像上:アレハンドロ・ホドロフスキー、画像下:『THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY Vol.2』表紙)

アレハンドロ・ホドロフスキー
アレハンドロ・ホドロフスキー
『THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY Vol.2』表紙
『THIS IS ALEXANDRO JODOROWSKY Vol.2』表紙
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像