ニュース

野村萬斎が演出・主演の5人舞台『マクベス』、要望受けた再々演は海外経た7都市ツアー

野村萬斎の演出・主演舞台『マクベス』が、6月20日から東京・三軒茶屋のシアタートラムで上演される。

ウィリアム・シェイクスピアの4大悲劇のひとつである『マクベス』を、能や狂言のミニマルな演出方法を随所に取り入れた新たな作品として作り出した同作は、5人の出演者のみで演じられる作品。2010年に東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで初演された後、2013年に東京、大阪、ソウル、ニューヨークの4都市で上演された。

再演の要望を受けて上演される今回は、タイトルロールのマクベスを野村萬斎、マクベスの合わせ鏡ともいえるマクベス夫人を秋山菜津子が初演から引き続き演じる。さらに天井桟敷出身の俳優である高田恵篤と福士恵二、そして高田とともに演劇実験室◎万有引力に所属する小林桂太の3人が魔女とそのほかの登場人物を演じ分ける。チケットの一般発売は4月19日からスタート。

なお同作は、6月上旬から中旬にかけてルーマニアのシビウとフランスのパリで上演。東京公演後は、兵庫、名古屋、新潟、水戸、宮城、福岡でも上演される。

イベント情報

『マクベス』

東京公演
2014年6月20日(金)~6月27日(金)全9公演
会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム
原作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:河合祥一郎
構成・演出:野村萬斎
出演:
野村萬斎
秋山菜津子
小林桂太
高田恵篤
福士恵二
料金:一般6,800円 高校生以下3,400円ほか

シビウ公演
2014年6月9日(月)(予定)

パリ公演
2014年6月13日(金)、6月14日(土)

兵庫公演
2014年7月1日(火)、7月2日(水)
会場:兵庫県 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール

名古屋公演
2014年7月6日(日)
会場:愛知県 名古屋 名鉄ホール

新潟公演
2014年7月8日(火)、7月9日(水)
会場:新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

水戸公演
2014年7月12日(土)、7月13日(日)
会場:茨城県 水戸芸術館

宮城公演
2014年7月16日(水)
会場:宮城県 えずこホール仙南芸術文化センター

福岡公演
2014年7月29日(火)
会場:福岡県 福岡市民会館大ホール

(画像:『マクベス』2013年舞台より 撮影:石川純)

『マクベス』2013年舞台より 撮影:石川純
『マクベス』2013年舞台より 撮影:石川純
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像