ニュース

小劇団運動第一世代を象徴する「早稲田小劇場」跡地に新劇場が開設

劇場施設「早稲田小劇場どらま館」が、2015年4月に開設されることがわかった。

同劇場は、1966年に開設された小劇場運動第一世代を象徴する東京・早稲田の劇場「早稲田小劇場」の跡地に建設される。演出家の鈴木忠志が主宰した同名の劇団は、劇作家の別役実、俳優の小野碩らを輩出したことでも知られる。早稲田小劇場は「早稲田銅鑼魔館」への改名を経て、1997年に早稲田大学が買い取り早稲田文化芸術プラザ どらま館と名称を改めて運営されていたが、2012年に耐震強度不足などを理由に取り壊された。

早稲田大学によって新たに建設される早稲田小劇場どらま館は、鉄骨3階建ての施設となり、約70席を設ける。おもに学生演劇サークルなどが使用する予定となっており、学外者の使用などについても検討中とのこと。なお、「早稲田小劇場」という名称は鈴木忠志の快諾を得て使用するとのこと。

早稲田大学総長・鎌田薫のコメント

旧『どらま館』は、学生の文化・芸術を支援し、早稲田文化の継承と創造発展に役立てるために開設されて以来、本学の演劇サークルの活動拠点として利用され、早稲田の演劇文化の発信にとってはなくてはならない施設となり、多くの人材を輩出してきました。私自身、学生時代は演劇サークルに所属しており、演劇に対しては特別な思いがあります。『早稲田演劇の灯』をさらに発展させ、多くの演劇人がこの劇場から巣立っていき、日本の小劇場運動の一大拠点になることを期待しています。

(画像:早稲田小劇場どらま館 完成予想図)

早稲田小劇場どらま館 完成予想図
早稲田小劇場どらま館 完成予想図
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く