ニュース

三角関係、浮気、DVなどから「ちゃんと好き」を考察、今泉力哉監督『サッドティー』

今泉力哉監督の新作映画『サッドティー』が、5月31日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で公開される。

映画専門学校「ENBUゼミナール」による劇場公開映画製作ワークショップ『CINEMA PROJECT』の第2弾作品となる同作は、二股を解消したい映画監督の男を中心に、その2人の彼女、行きつけの喫茶店で働く女子とマスター、彼女へのプレゼントを買いに行った店の店員に一目惚れする男、元アイドルを10年間想い続けるファンの男と彼に会いに行こうとする結婚間近の元アイドルら男女12人が織りなす物語。三角関係や浮気、ドメスティックバイオレンスなどの様々な恋愛を通して、「ちゃんと好き」ということについて考察した群像劇になっている。

監督は、映画『nico』『こっぴどい猫』で知られるほか、山下敦弘監督と共同監督した『午前3時の無法地帯』や犬童一心が総合演出を手掛ける『セーラーゾンビ』といったテレビドラマの監督も手掛ける今泉力哉。キャスト陣には、山下敦弘監督『ご近所UMAモロベエ。』などに出演する岡部成司、『mer』『SEDA』などのファッション誌でも活躍する青柳文子、劇団宝船を中心に活動し、映画『恋の渦』などにも出演する國武綾らが名を連ねている。音楽は今年2月にアルバム『スキルアップ』をリリースしたトリプルファイヤーが担当。

今泉力哉のコメント

私は今まで多くの恋愛映画をつくってきました。恋愛映画をつくっているから恋愛映画が好きなのかというとそうでもありません。既存の多くの恋愛映画は、好きな人と結ばれるかどうか、そこに重きを置いていたり、そうでない場合でもきちんと誰かを好きだという感情について描いているものばかりな気がします。私は誰かと誰かが結ばれることに大して興味がありません。それよりも、登場人物たちの本当の気持ち、迷いに興味があります。私の映画では、登場人物たちは常に揉めていて、どこか冷めていて、また浮気心をもっていたりします。決して情熱的ではなく、それどころか相手のことを好きかどうかも曖昧です。でも、普段の恋愛って実はそんなものなんじゃないでしょうか。<好き>という気持ちに確信なんてなくて。<好き>を頭で考えてしまっていて。どこか冷静で。まじめで。みんな本当はそういう恋愛をしているのではないでしょうか。そして、私は思うのです。どんなに冷めて見える2人の間にも確かに愛は存在していると。私はただただ本当のことに興味があるだけです。そしてその本当の姿こそが一番面白いと思っています。最後まで楽しんでいただければ幸いです。

作品情報

『サッドティー』

2014年5月31日(土)からユーロスペースほか全国順次公開
監督・脚本・編集:今泉力哉
音楽:トリプルファイヤー
出演:
岡部成司
青柳文子
阿部隼也
永井ちひろ
國武綾
二ノ宮隆太郎
富士たくや
佐藤由美
武田知久
星野かよ
吉田光希
内田慈
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

(画像1枚目、2枚目:映画『サッドティー』より、画像3枚目:今泉力哉監督、画像4枚目:トリプルファイヤー、画像5枚目:映画『サッドティー』ポスタービジュアル)

映画『サッドティー』より
映画『サッドティー』より
映画『サッドティー』より
映画『サッドティー』より
今泉力哉監督
今泉力哉監督
トリプルファイヤー
トリプルファイヤー
映画『サッドティー』ポスタービジュアル
映画『サッドティー』ポスタービジュアル
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)