東京23区を再発見するタウン誌『TOmag』第3号は中野区特集、表紙は長澤まさみ

東京23区をピックアップして紹介するタウンマガジン『TOmag』の中野区特集号が、4月25日に刊行される。

「ハイパーローカルなシティカルチャーガイド」をキャッチコピーに掲げる同誌は、毎号東京23区のひとつの区を取り上げて特集する全23号完結型マガジン。場所や人に注目することで、「まだ見ぬ東京と出会うための手引き」として、23区の未知の一面を発見するための視点を提案する。

第1号の足立区、第2号の目黒区に続く今号は、中野区にスポットを当てた誌面を展開。上京後約5年間にわたって中野に住んでいたという長澤まさみが、表紙を飾っているほか、長澤が上京してから通っていた中学校の同級生たちとの「同窓会」の模様を捉えた記事や、中野区に20年以上住んでいる掟ポルシェとの対談も掲載。撮影は大森克己が担当している。

また、さやわか、鹿野淳、モリタタダシ、杉作J太郎による中野サンプラザに焦点を当てた記事や、中野ブロードウェイを取り上げた記事も掲載。執筆者にはやついいちろう、松本素生、峯田和伸、庄司信也らが名を連ねている。編集長は川田洋平(東京ピストル)が務めている。


書籍情報

『TOmag』中野区特集

2014年4月25日(金)発売
編集:川田洋平
価格:1,080円(税込)
発行:スペースシャワーネットワーク

amazonで購入する

(画像:『TOmag』中野区特集)

  • HOME
  • Book
  • 東京23区を再発見するタウン誌『TOmag』第3号は中野区特集、表紙は長澤まさみ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて