『岡崎京子展』が世田谷文学館で開催、原画や資料を通して岡崎の表現世界を読み解く

『岡崎京子展』が、2015年1月24日から東京・芦花公園の世田谷文学館で開催される。

『pink』『リバーズ・エッジ』『ヘルタースケルター』などの作品で知られ、1980年代から90年代の時代を象徴する漫画家の1人でもある岡崎京子。1996年の交通事故による活動休止以降も、作品の復刊や『ヘルタースケルター』の映画化などから新たな読者を獲得している。

作品の原画を中心に多彩な資料を展示する同展は、氾濫する情報や性と暴力が渦巻く環境の中でたくましく生きる女子たちを描いてきた岡崎の表現世界を読み解く展覧会となる。

イベント情報

『岡崎京子展』

2015年1月24日(土)~3月31日(火)
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)

  • HOME
  • Life&Society
  • 『岡崎京子展』が世田谷文学館で開催、原画や資料を通して岡崎の表現世界を読み解く

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて