ハリウッド版『GODZILLA』から新ビジュアル公開、過去最大100m超のゴジラが出現

7月25日から日本公開されるハリウッド映画『GODZILLA』のビジュアルが公開された。

1954年に第1作が公開されてから、今年で60年を迎えた『ゴジラ』シリーズ。同作は、1998年公開の『GODZILLA』から約16年ぶりのハリウッド映画版となる。今回公開されたビジュアルでは、新たなゴジラの姿が公開。フルCGでつくり上げられたというゴジラは、これまでのシリーズで最大となる100メートル超の高さになっており、さらにこれまでの映像技術では表現できなかった精細な動きが加味されているという。

「リアル」をテーマに制作された同作のストーリーは、日本から始まり、「人知を超えるゴジラが現在現れたらどうなるのか」を徹底的なシミュレーションを重ねて描かいているとのこと。キャストには『キック・アス』のアーロン・テイラー=ジョンソンをはじめ、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・クランストンらが名を連ねている。

全国の劇場では4月25日から新ポスターとチラシが掲出されるほか、新たな予告編も上映される。特典付き劇場前売券の発売も同日からスタート。

作品情報

『GODZILLA』

2014年7月25日(金)から2D、3D公開
監督:ギャレス・エドワーズ
出演:
アーロン・テイラー=ジョンソン
渡辺謙
エリザベス・オルセン
ジュリエット・ビノシュ
サリー・ホーキンス
デヴィッド・ストラザーン
ブライアン・クランストン
配給:東宝

(画像:©2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC)

  • HOME
  • Movie/Drama
  • ハリウッド版『GODZILLA』から新ビジュアル公開、過去最大100m超のゴジラが出現

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて