ニュース

時々自動の新作は劇団初の外部作・演出作品、アフタトークに坂本美雨、中ザワヒデキら

パフォーマンスカンパニー「時々自動」の公演『fffffffffffffffffffffff - 生まれて初めて出すフォルテ』が、5月29日から東京・せんがわ劇場で上演される。

時々自動は、1982年に音楽家・演出家・俳優・脚本家の朝比奈尚行を中心に設立。これまでにベルリンやミュンヘン、マニラ、シンガポールで海外公演を行ったほか、公募で集まった市民との共同作業作品や、『うたのエリア』では、現代楽曲の作曲方法を演劇の作劇に取り入れるなど実験的な作品を発表。2012年の『動物たちの冬』では、映像作品を大胆に取り入れたことで演劇と映画の有機的な展開を試みた。

同劇団が特別公演に位置付ける『fffffffffffffffffffffff - 生まれて初めて出すフォルテ』は、音楽家の国広和毅が作・演出を担当。なお、時々自動公演の作・演出を朝比奈以外が手掛けるのは初の試みとなっており、2つの世代の対決という物語的構造を持つ新しい表現論が展開されるという。

公演終了後のアフタートークには、坂本美雨、アートプロデューサーの住吉智恵、ドラマトゥルクの長島確、美術家の中ザワヒデキがゲストに登場。開催日はオフィシャルサイトから確認して欲しい。チケットは現在発売中。

イベント情報

時々自動
『fffffffffffffffffffffff - 生まれて初めて出すフォルテ』

2014年5月29日(木)~6月1日(日)全6公演
会場:東京都 せんがわ劇場
作・演出:国広和毅
プロデューサー:朝比奈尚行
出演:
朝比奈尚行
宇佐美とよみ
岡本唯
岸山絵美
北沢空良
鈴木光介
砂川佳代子
高橋牧
日高和子
渡辺直美
足立昌弥
国広和毅
鈴木美奈子
KisamaAlternative(寺田昌洋、井手一慶、黒木麻未)
料金:
前売 一般3,500円 ペア6,500円 学生2,800円(要学生証)
当日 4,000円
※ペア、学生チケットは時々自動のみの取り扱い

(画像:『fffffffffffffffffffffff - 生まれて初めて出すフォルテ』イメージビジュアル)

『fffffffffffffffffffffff - 生まれて初めて出すフォルテ』イメージビジュアル
『fffffffffffffffffffffff - 生まれて初めて出すフォルテ』イメージビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年