ブコウスキー没後20年の連続企画、朗読演劇家・井上弘久が中原昌也らとコラボ

チャールズ・ブコウスキーの没後20年を記念する連続企画が東京都内各所で開催されている。

『町でいちばんの美女』『ありきたりの狂気の物語』などの作品で知られるアメリカの作家・詩人であるブコウスキー。約50冊の著作を発表しながら職を転々と変えて、放浪と酒浸りの人生を過ごしたことでも知られている。

同企画では、ブコウスキー作品をもとに、俳優・演出家の井上弘久が「冒頭から最後の一行まで、地の文も会話もすべてセリフと化してしまう」と青野聰に評された「朗読演劇」のパフォーマンスを披露。今年3月から月1回のペースで開催されており、今年12月まで開催される予定だ。なお、5月24日に東京・渋谷のUPLINKで開催される第3弾では『狂った生きもの』を題材とする朗読演劇を披露。音楽は中原昌也が担当する。各公演の詳細はイベントオフィシャルサイトで確認しよう。


イベント情報

『チャールズ・ブコウスキー没後20年特別企画』

『朗読演劇「狂った生きもの」』
2014年5月24日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 UPLINK
出演:
井上弘久
中原昌也
料金:予約2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

『朗読演劇「町でいちばんの美女」special ver.』
2014年6月8日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 代官山 山羊に、聞く?
出演:井上弘久
トーク:
中川五郎
桃江メロン
料金:予約2,900円 当日3,400円(共にドリンク別)

『朗読演劇「1ドルと20セント」+「町でいちばんの美女」』
2014年7月27日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 新宿 BLACK SUN
出演:井上弘久
音楽:吉田水子
料金:2,700円(1ドリンク付き)

『朗読演劇「町でいちばんの美女」』
2014年8月9日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:埼玉県 武蔵藤沢 BUKOWSKI BURGER
出演:井上弘久
シェフ:アーロン・トムソン
※料金は来場者が決定できる投げ銭制

(画像上:中原昌也(左)と井上弘久(右)、画像下:『チャールズ・ブコウスキー没後20年特別企画』メインビジュアル)

  • HOME
  • Life&Society
  • ブコウスキー没後20年の連続企画、朗読演劇家・井上弘久が中原昌也らとコラボ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて