ニュース

マイケル・ファスベンダーが被り物を脱がない謎のバンドマン演じる映画『FRANK』

被り物を脱がない奇妙なバンドマンの心の素顔を描いた映画『FRANK -フランク-』が、10月4日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

同作は、ひょんなことからあるバンドに加入することになったジョンと、そのバンドのリーダーである奇妙な被り物男「フランク」を巡る物語。バンドメンバーから尊敬され、破天荒なフランクの魅力にジョンも次第に惹かれてくようになる。アメリカのショーケースイベント『SXSW』に招かれたが、突如様子がおかしくなったフランクによってバンドは解散の危機を迎えてしまう。

イギリスでカルト的人気を誇った音楽コメディアン、フランク・サイドボトムをモデルにしたフランク役を演じるのは『それでも夜は明ける』でアカデミー助演男優賞にノミネートされたことも記憶に新しいマイケル・ファスベンダー。劇中では歌声を披露しているほか、ノイズ系バンドとして様々な楽器を演奏している。共演者には、ドーナル・グリーソン、マギー・ギレンホールらが名を連ねている。監督はレニー・エイブラハムソン。

作品情報

『FRANK -フランク-』

2014年10月4日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
監督:レニー・アブラハムソン
脚本:ピーター・ストローン、ジョン・ロンスン
出演:
マイケル・ファスベンダー
ドーナル・グリーソン
マギー・ギレンホール
スクート・マクネイリー
配給:アース・スター エンターテイメント

『FRANK -フランク-』 ©2013 EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute
『FRANK -フランク-』 ©2013 EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー