松本雄吉×松井周で中上健次『十九歳のジェイコブ』を舞台化、音楽監修は菊地成孔

舞台『十九歳のジェイコブ』が、6月11日から東京・初台の新国立劇場小劇場で上演される。

被差別部落に生まれ、46歳で急逝するまで部落を示す「路地」にこだわり執筆を続けた芥川賞作家・中上健次。舞台『十九歳のジェイコブ』は、中上が1986年に発表した同名小説が原作となる。物語は、ジャズ喫茶に入り浸ってセックスとドラッグに溺れる日々を続ける19歳の青年・ジェイコブと、家や家族など自身の出自を憎むユキを中心に展開され、2人の行き場のない焦りや憤りがやがて破滅的な衝動へと繋がっていく様を描く。

脚本を手掛けるのは、2007年に劇団サンプルを旗揚げし、2010年に『自慢の息子』で『第55回岸田國士戯曲賞』を受賞した松井周。演出を、40年間にわたって大阪を拠点に野外劇を展開している維新派を主宰し、2011年には『紫綬褒章』を受章した松本雄吉が担当する。キャストには、ジェイコブを演じる石田卓也、ユキを演じる松下洸平をはじめ、横田美紀、奥村佳恵らが名を連ねている。さらに、劇中で使用されるジャズを菊地成孔が監修している。

イベント情報

『十九歳のジェイコブ』

原作:中上健次
脚本:松井周
演出:松本雄吉
音楽監修:菊地成孔
出演:
石田卓也
松下洸平
横田美紀
奥村佳恵
石田圭祐
有薗芳記
西牟田恵
中野英樹
チョウ ヨンホ
酒井和哉
山口惠子
新部聖子

東京公演
2014年6月11日(水)~6月29日(日)全20公演
会場:東京都 初台 新国立劇場 小劇場
料金:A席5,400円 B席3,240円

兵庫公演
2014年7月5日(土)、7月6日(日)全2公演
会場:兵庫県 西宮 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
料金:A席4,000円 B席2,000円

  • HOME
  • Stage
  • 松本雄吉×松井周で中上健次『十九歳のジェイコブ』を舞台化、音楽監修は菊地成孔

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて