箱庭の室内楽、約2年ぶりの単独作は10人編成によるリアレンジ曲も含む『Friends』

箱庭の室内楽のミニアルバム『Friends』が、7月2日にリリースされる。

昨年は『廃病院パーティー』の主催、『りんご音楽祭』のメインステージ出演などで話題を提供する一方で、今年1月にはアイドルグループ「ゆるめるモ!」との合作ミニアルバム『箱めるモ!』のリリース、メンバーのハシダカズマ(Vo,Gt)が泉まくら、lyrical schoolらに楽曲提供するなど、活動の幅を広げている箱庭の室内楽。

箱庭の室内楽名義では約2年ぶりのリリースとなる同作は、メンバー5人に加え、ホーン、パーカッション、コーラスも含む10人編成での録音となった“bell-lyre”や、同じく10人編成で前作収録曲を大幅にリアレンジした“ALL(summer version) ”、対照的に弾き語りとコーラスでシンプルに聴かせる “birthday's eve”など全6曲を収録。SoundCloudではアルバムのダイジェスト試聴も公開されている。

また、ジャケットのイラストは、スッパバンドの“大豆”、毛玉の“もしも口笛が吹けたなら”などのミュージックビデオで異質な世界観を演出しているアニメーション作家のUbu Takahashiが手がけている。

7月12日にはタワーレコード新宿店でインストアライブ、7月19日には東京・池袋のミュージック・オルグでリリースパーティーの開催も決定。詳細は後日オフィシャルサイトで発表される。

リリース情報

箱庭の室内楽
『Friends』(CD)

2014年7月2日(水)発売
価格:1,620円(税込)
hakodisc / HKD-005

1. bell-lyre
2. five
3. ALL(summer version)
4. walden
5. ell-berly
6. birthday's eve

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • 箱庭の室内楽、約2年ぶりの単独作は10人編成によるリアレンジ曲も含む『Friends』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて