ニュース

園子温監督のラップミュージカル『TOKYO TRIBE』主題歌はAIが担当、お悩み相談番組も

8月30日から公開される園子温監督の新作映画『TOKYO TRIBE』の主題歌が発表された。

劇中の全編にわたって「セリフをラップで奏でる」という大胆な手法をとり、出演者ほぼ全員がラップに挑戦する「バトルラップミュージカル」に仕上がっているという『TOKYO TRIBE』。同作の主題歌となるのは、YOUNG DAIS, SIMON, Y'S & AIによる新曲“HOPE - TOKYO TRIBE ANTHEM”。映画の製作陣から「AIしか考えられない」と熱烈なオファーを受けたことから主題歌を担当することが決まったというAIは、同楽曲でメロディー部分の作詞も手掛けている。なお、同楽曲は7月23日から配信リリースされる。

また、同作のサウンドトラックが8月20日にリリースされることも発表。同作にはYOUNG DAIS, SIMON, Y'S & AIによる主題歌も収録される。

さらに園監督が視聴者からの悩みにこたえる特別番組『放送禁止でなぜ悪い(仮)』が8月にチャンネルNECOで放送。『TOKYO TRIBE』のオフィシャルサイトでは6月20日まで視聴者からの悩みを募集中だ。


AIのコメント

ちょうど私が東京に引っ越してきた頃、自分はもちろん回りの友達がみんな読んでいた凄い漫画。それを園監督が映画化と聞いて、これはヤバイことになるなと!もともと園監督の映画は、普段絶対に見られない光景をみせてくれるから大好きで。今回の作品も、本当にヤバイ!ヤバイという言葉がぴったりな作品です。今回のオファーは、「希望(HOPE)」というキーワードをいれてほしいとリクエストを受けて、エンディングのメロディの部分と歌詞を書いて、歌をうたいました。映画のエンディングが、楽曲とつながっていて、主題歌が流れた瞬間はうれしかったです。この映画でしか集まらない日本のHIPHOP界を支えるラッパーたちがオールスター出演しているので、そこに注目して観てもらいたいです。そして、登場するキャラクターが、みんなカッコいいので、若い人は真似をしたくなるかもしれないですが、メラやWARUを真似しないように!ラブ&ピースな海くんを見習ってください(笑)

作品情報

『TOKYO TRIBE』

2014年8月30日(土)から新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督・脚本:園子温
原作:井上三太『TOKYO TRIBE2』(祥伝社)
音楽:BCDMG
主題歌:YOUNG DAIS, SIMON, Y'S & AI“HOPE - TOKYO TRIBE ANTHEM”
出演:
鈴木亮平
YOUNG DAIS
清野菜名
佐藤隆太
大東駿介
石田卓也
市川由衣
叶美香
中川翔子
でんでん
窪塚洋介
竹内力
染谷将太
ベルナール・アッカ
丞威
高山善廣
松浦新
石井勇気
坂口茉琴
佐々木心音
中野英雄
MC 漢
D.O
ANARCHY
SIMON
ほか
配給:日活

リリース情報

YOUNG DAIS, SIMON, Y'S & AI
『HOPE - TOKYO TRIBE ANTHEM』

2014年7月23日(水)配信リリース予定

リリース情報

V.A.
『TOKYO TRIBE – ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK』(CD)

2014年8月20日(水)発売
価格:2,654円(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン

amazonで購入する

『TOKYO TRIBE』 ©2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS
『TOKYO TRIBE』 ©2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS
『TOKYO TRIBE』 ©2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS
『TOKYO TRIBE』 ©2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS
AI
AI
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー