特集 PR

水道橋博士が語る、天才・園子温監督の生き様

水道橋博士が語る、天才・園子温監督の生き様

インタビュー・テキスト
さやわか
撮影:西田香織

『愛のむきだし』『ヒミズ』『冷たい熱帯魚』など、立て続けに観る者の心を奪うような問題作を発表し、日本の映画界で異彩を放っている監督・園子温。その魅力にとりつかれたタレントの水道橋博士は、映画作品を観まくるだけでなく、監督本人と親交を深め、ついにはお笑いライブでコンビまで組んでしまった。さらには監督の衣服を借りて、浅草公会堂で行われた『第6回したまちコメディー映画祭』に「園似温」として登場。新作の撮影で現地に来られない本人の代わりに舞台挨拶を務めた。ビートたけしに弟子入りし、浅草キッドとしての芸人活動はもちろん、エッセイストやコメンテーターとしても活躍する彼が、そこまで園子温にのめり込むのはなぜなのか。監督の最新作にして映画愛に満ちたコメディー『地獄でなぜ悪い』を踏まえながら、その魅力を水道橋博士=園似温に語ってもらった。

園さんは「日本の映画監督が北野武に敵わないのは、たけしさんは芸人をやって、映画監督もやるからだ」と言うんです。

―『地獄でなぜ悪い』はヤクザの抗争を舞台にした映画愛に溢れた映画で、とてもそうは思えないのですが、園子温監督の実話をもとにして撮った作品なんですよね。だからこそより魅力的だと感じました。水道橋博士と園監督は普段から親交が深いとのことですが、きっかけは何だったのでしょう?

水道橋博士(以下、博士):2009年の年末にTBSラジオ『小島慶子 キラ☆キラ』で映画の年間ベスト10を選ぶ企画があって。映画評論家の町山智浩さんが前日までクリント・イーストウッド監督の『グラン・トリノ』を選んでいたのに、当日になって急にひっくり返したんですよ。「さっき『愛のむきだし』を観たんだけど、これが1位だ」って。それで僕も観て、釘付けになったんです。

水道橋博士
水道橋博士

―『愛のむきだし』のどんなところがよかったのでしょう?

博士:『愛のむきだし』は、4時間もある映画なんですよね。今どきそんな映画、興行上、好まれないじゃないですか? 観客の回転率が悪いし、効率的じゃないですからね。でも、そういうことをあえてやりながら世界に飛び出していく姿勢が素晴らしいと思って、痺れているんです。

―作品はもちろんですが、本人の姿勢に影響を受けているということでしょうか。

博士:園さんの自伝『非道に生きる』を読んだのですが、あまりにも素晴らしくて、自分の子どもに「パパは非道に生きるから」って宣言しました。「非道」というのは、悪事を働くという意味ではなくて、「獣道を歩く」つまり「自分だけの道を自分らしく生きる」という意味です。園監督は教育一家に生まれたんだけど、世界的な映画監督になるために教育や家族というものを否定しているんですよね。

―お二人は、映画監督と芸人ですが、共通点などあるのでしょうか?

博士:園さんの人生が映画に映し出されているような感覚は、芸人にも必要なことですよね。ただ漫才をしているだけじゃダメなんだ、自分自身をボケにしなきゃダメなんだって。空気を読みながらトークの交通整理をして、ひな壇に座っていることもできるけど、園さんを知って、ラインを超えて、新しいことを生み出したくなった。それでテレビの降板事件が起こったりもしたんだけど……ああいうのも園さんの影響ですよ。

水道橋博士

―園監督は先日「芸人になる」と宣言して、博士とお笑いライブをやりましたよね。それに今回の『地獄でなぜ悪い』もコメディー作品です。今、園監督は「笑い」という要素に強い関心を持っているということなのでしょうか?

博士:いや、そもそもは『東京スポーツ映画大賞』で園さんが(ビート)たけしさんと(ガダルカナル)タカさんに壇上に呼び出されて、思いっきりツッコまれたんですけど、気の利いた返しができなかったんですよね……。それが芸人を始めた最初のきっかけです。

―「笑い」そのものに興味があったわけではない?

博士:園さんは、演芸はすごく苦手というか興味がなかったんですよ。「芸人になる」って倉本美津留さんに相談したときも、ダウンタウンの浜田さんのすごさが全くわからないと言うので、僕と倉本さんで浜田さんがいかにすごいかという話をしたくらい。お笑いライブでも漫才の立ち方がわからなくてウロウロしちゃうし、マイクの前にツーショットで立てないんですよ。

―ではなぜ、園監督はお笑いをやろうと思ったのでしょうね。

博士:園さんは「日本の映画監督が北野武に敵わないのは、たけしさんは芸人をやって、映画監督もやるからだ」と言うんです。だから映画監督である自分が芸人になれば、たけしさんの境地に並ぶというロジックなんです。

園子温の『芸人宣言』
園子温の『芸人宣言』

―映画をもっと多くの人に開かれたものにしたいという思いもあったのでしょうか。

博士:そうですね。多くの人に「園子温」という存在を知ってもらうことで、自分の映画を世に広めたいんです。彼がよく「一部の小さなところで褒められるのなんて、すごく簡単だよ。それをどれだけ広めていくか、全く自分の知らない人にまで広めることができるかが肝心だ」と言うんです。その思いがあってこその芸人活動でしょうね。

Page 1
次へ

作品情報

『地獄でなぜ悪い』

2013年9月28日(土)から新宿バルト9ほか全国でロードショー
監督・脚本・音楽:園子温
主題歌:星野源“地獄でなぜ悪い”
出演:
國村隼
長谷川博己
星野源
二階堂ふみ
友近
堤真一
配給:キングレコード、ティ・ジョイ

プロフィール

水道橋博士(すいどうばしはかせ)

1962年8月18日生まれ、岡山県出身。86年にビートたけしに弟子入り、翌年、玉袋筋太郎とともにお笑いコンビ「浅草キッド」を結成。テレビ・ラジオや舞台を中心に活躍の場を広げる一方、ライターとして雑誌等にコラムやエッセイを執筆する。最新刊は『藝人春秋』(文藝春秋)。現在、『週刊文春』に「週刊藝人春秋」を連載している。自身が編集長を務める日本最大級の有料メールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』好評配信中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る