ニュース

『爆音映画祭』が京都と神戸で開催、発祥の地バウスシアター閉館後初の開催

大音量で映画を上映するイベント『爆音映画祭 in 関西』が、7月8日から京都・同志社大学寒梅館、7月19日から兵庫・神戸アートビレッジセンターで開催される。

東京・吉祥寺のバウスシアターで生まれ、様々な場所で開催されているboid主催の『爆音映画祭』。今年5月にはバウスシアターの閉館を飾るイベント『THE LAST BAUS~さよならバウスシアター、最後の宴』内のプログラムとして『第7回爆音映画祭』が行われ、同館閉館後は全国各地での開催を予定していることが明かされていた。『爆音映画祭 in 関西』は、バウスシアター閉館後初の開催となる。

「アニメーションスペシャル」と銘打たれた『爆音映画祭 in 関西[京都編]』では、大友克洋の『AKIRA』『スチームボーイ』、エストニアのアニメーション作家プリート・パルンの代表作を爆音上映するほか、アメリカのインディペンデント短編映画などを通常音量で上映する。

『爆音映画祭 in 関西[神戸編]』は、『第7回爆音映画祭』で上映された作品を中心のラインナップとなり、ジム・ジャームッシュ監督『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』やグザヴィエ・ドラン監督『わたしはロランス』、大根仁監督『ゆらゆら帝国 2009.04.26 LIVE@日比谷野外大音楽堂』など全13作品が上映される予定だ。京都会場および神戸会場のチケットについてはオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『爆音映画祭 in 関西[京都編]』

2014年7月8日(火)、7月10日(木)、7月11日(金)
会場:京都府 同志社大学寒梅館ハーディーホール、クローバーホール
上映作品:
『AKIRA』『スチームボーイ』(監督:大友克洋)
『ホテルE』『ガブリエラ・フェッリなしの人生』(監督:プリート・パルン)
『雨のダイバー』(監督:プリート・パルン、オリガ・パルン)
『アナザー』(監督:ショーン・バッケリュー)
『リジェクテッド』(監督:ドン・ハーツフェルト)
『スナック・アンド・ドリンク』(監督:ボブ・サビストン)
『mobile』『YIELD』『TOTEM』(監督:ケイレブ・ウッド)
『ストレンジ・ワンダフル』(監督:ステファニー・スワート)
『ボリス』『ディズ・メイクス・パーフェクト・センス』(監督:ダニエル・ランドクイスト)
『リザード・オブ・オズ』『アニメーション・スクール・ドロップアウト』『アブサン・キャデラック』(監督:ヴィンス・コリンズ)
『イカロスの失墜の風景』(監督:クリス・サリバン)
『このマンガはお前の脳をダメにする』(監督:ブルース・ビックフォード)
『モンスターロード』(監督:ブレット・イングラム)

イベント情報

『爆音映画祭 in 関西[神戸編]』

2014年7月19日(土)~7月25日(金)
会場:兵庫県 神戸アートビレッジセンター
上映作品:
『ブルーベルベット』(監督:デヴィッド・リンチ)
『ファイト・クラブ』(監督:デヴィット・フィンチャー)
『ブルース・ブラザーズ』(監督:ジョン・ランディス)
『ゆらゆら帝国 2009.04.26 LIVE @日比谷野外大音楽堂』(監督:大根仁)
『5windows』『5windows Mountain Mouth』(監督:瀬田なつき)
『シミラー バット ディファレント』(監督:染谷将太)
『ファントム・オブ・パラダイス』(監督:ブライアン・デ・パルマ)
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(監督:ジム・ジャームッシュ)
『シャウト』(監督:イエジー・スコリモフスキ)
『ホーリー・モーターズ』(監督:レオス・カラックス)
『わたしはロランス』(監督:グザヴィエ・ドラン)
『コンシューミング・スピリッツ』(監督:クリス・サリバン)

『爆音映画祭 in 関西[神戸編]』チラシビジュアル
『爆音映画祭 in 関西[神戸編]』チラシビジュアル
『爆音映画祭 in 関西[京都編]』チラシビジュアル
『爆音映画祭 in 関西[京都編]』チラシビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年