ニュース

「Vシネマ」25周年祝う哀川翔の主演映画『25』に寺島進、竹中直人、大杉漣ら集結

哀川翔の主演映画『25 NIJYU-GO』が、11月1日から全国で公開される。

「テレビの放送規定よりも刺激的で、レンタルビデオ店でしか見られない映画を!」というコンセプトのもと、東映ビデオが1989年に立ち上げた「東映Vシネマ」の25周年を記念して制作される同作。主人公の悪徳刑事・桜井役を数々のVシネマに出演し、同作が主演作100本目となる哀川翔、桜井の相棒・日影役を寺島進が演じる。

さらに、温水洋一、小沢仁志、小沢和義、本宮泰風、竹中直人、大杉漣らVシネマで活躍した俳優に加え、高岡早紀、岩佐真悠子、鈴木砂羽、石橋蓮司、嶋田久作、笹野高史、袴田吉彦、木下隆行、井上正大、波岡一喜らが脇を固める。監督は、『今日から俺は!』シリーズや『静かなるドン』シリーズで知られる鹿島勤。

哀川翔のコメント

Vシネマがなかったら、俺なんか今何やってたかわかんない。一番最高で、主演で10本で助演で12本、年間で320日現場ってのあったよ。自分は25周年記念で呼ばれて今回やってるんですけど、今回いろんなメンバーがこの作品に思いを持ってきてくれてると思う。それぞれの25年ていうのが、個人個人の25が描かれてると思う。だから、そういう作品があがってくるのが楽しみ。それは普通の作品とは違うと思う。呼んでもらっての感謝があるし、恩返しをしたい思いは当然あるけれど25周年はVシネマにとって通過点。でも俺はきっちり「25」という形を残すという歩き方をしていかなくちゃいけないと思う。思いが違うよって。

作品情報

『25 NIJYU-GO』

2014年11月1日(土)から全国公開
監督:鹿島勤
脚本:柏原寛司、大川俊道、岡芳郎、ハセペバクシンオー
出演:
哀川翔
寺島進
温水洋一
高岡早紀
笹野高史
小沢仁志
波岡一喜
嶋田久作
鈴木砂羽
竹中直人
石橋蓮司
大杉漣
木村祐一
袴田吉彦
岩佐真悠子
初音映莉子
井上正大
中村昌也
木下隆行(TKO)
本宮泰風
金子昇
工藤俊作
小沢和義
菅田俊
ブラザートム

『25 NIJYU-GO』より哀川翔
『25 NIJYU-GO』より哀川翔
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告