ニュース

「Vシネマ」25周年祝う哀川翔の主演映画『25』に寺島進、竹中直人、大杉漣ら集結

哀川翔の主演映画『25 NIJYU-GO』が、11月1日から全国で公開される。

「テレビの放送規定よりも刺激的で、レンタルビデオ店でしか見られない映画を!」というコンセプトのもと、東映ビデオが1989年に立ち上げた「東映Vシネマ」の25周年を記念して制作される同作。主人公の悪徳刑事・桜井役を数々のVシネマに出演し、同作が主演作100本目となる哀川翔、桜井の相棒・日影役を寺島進が演じる。

さらに、温水洋一、小沢仁志、小沢和義、本宮泰風、竹中直人、大杉漣らVシネマで活躍した俳優に加え、高岡早紀、岩佐真悠子、鈴木砂羽、石橋蓮司、嶋田久作、笹野高史、袴田吉彦、木下隆行、井上正大、波岡一喜らが脇を固める。監督は、『今日から俺は!』シリーズや『静かなるドン』シリーズで知られる鹿島勤。

哀川翔のコメント

Vシネマがなかったら、俺なんか今何やってたかわかんない。一番最高で、主演で10本で助演で12本、年間で320日現場ってのあったよ。自分は25周年記念で呼ばれて今回やってるんですけど、今回いろんなメンバーがこの作品に思いを持ってきてくれてると思う。それぞれの25年ていうのが、個人個人の25が描かれてると思う。だから、そういう作品があがってくるのが楽しみ。それは普通の作品とは違うと思う。呼んでもらっての感謝があるし、恩返しをしたい思いは当然あるけれど25周年はVシネマにとって通過点。でも俺はきっちり「25」という形を残すという歩き方をしていかなくちゃいけないと思う。思いが違うよって。

作品情報

『25 NIJYU-GO』

2014年11月1日(土)から全国公開
監督:鹿島勤
脚本:柏原寛司、大川俊道、岡芳郎、ハセペバクシンオー
出演:
哀川翔
寺島進
温水洋一
高岡早紀
笹野高史
小沢仁志
波岡一喜
嶋田久作
鈴木砂羽
竹中直人
石橋蓮司
大杉漣
木村祐一
袴田吉彦
岩佐真悠子
初音映莉子
井上正大
中村昌也
木下隆行(TKO)
本宮泰風
金子昇
工藤俊作
小沢和義
菅田俊
ブラザートム

『25 NIJYU-GO』より哀川翔
『25 NIJYU-GO』より哀川翔
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像