Cocco主演の舞台『ジルゼの事情』が2都市で再演、劇中歌の配信リリースも

Cocco主演の舞台『ジルゼの事情』の再演が決定。9月18日から東京・池袋のサンシャイン劇場、9月27日から兵庫・新神戸オリエンタル劇場で上演される。

『ジルゼの事情』は、バレリーナになることが夢だったというCocooが愛する古典バレエ『ジゼル』の舞台を現代の東京に置き換え、歌やダンスの要素も取り入れた舞台。今年1月から2月にかけて東京、大阪で上演され、Coccoが舞台に初めて挑戦したことでも話題を集めた。終了後から再演を望む声が多数寄せられたため、約8か月という異例の早さで再演が実現することになったという。

今回の再演では、初演に引き続いて劇団鹿殺し代表の劇作家・丸尾丸一郎が演出を担当。新キャストとしてNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』内に登場した「GMT47」のメンバーとして注目を集めた蔵下穂波が名を連ねている。チケットの先行販売は8月3日12:00から、一般発売は8月17日10:00からスタート。

なお、同作のためにCoccoが書き下ろした劇中歌“ドロリーナ・ジルゼ”が、7月30日からレコチョク、iTunes Storeなどで配信される。


Coccoのコメント

初演から一年もたたない内に再演の機会を頂くこととなりました。スタッフや仲間や、いつも応援してくださるファンの皆様に心より感謝申し上げます。更に一生懸命がんばります。劇場でお会いしましょう!

イベント情報

OFFICE SHIKA × Cocco
『ジルゼの事情』

脚本・演出:丸尾丸一郎
出演:
Cocco
蔵下穂波
内田滋
オレノグラフィティ
傳田うに
鷺沼恵美子
廣川三憲
ナイロン100℃
丸尾丸一郎
小野川晶
円山チカ

東京公演
2014年9月18日(木)~9月23日(火・祝)全7公演
会場:東京都 池袋 サンシャイン劇場

関西公演
2014年9月27日(土)~9月29日(月)全4公演
会場:兵庫県 新神戸オリエンタル劇場

料金:S席6,800円 A席5,800円

  • HOME
  • Stage
  • Cocco主演の舞台『ジルゼの事情』が2都市で再演、劇中歌の配信リリースも

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて