インタビュー

Coccoインタビュー 生きるために見つけたいくつかの方法

Coccoインタビュー 生きるために見つけたいくつかの方法

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:西田香織

音楽の世界で、希有な女性シンガーの才能を示す称号はいくつもある。たとえば「歌姫」「ディーヴァ」、現在の音楽カルチャーにおいては「アイドル」も特別な響きを持つ。だが、真に刮目すべき才能に対して、私たちはどんな言葉を与えることができるだろう。言葉を失うほどの才能、おそらくCoccoはそんな存在の1人だ。1996年のデビュー以来、数々の名曲を発表し、同時に同じ数だけの断絶を経験してきた彼女は、今、新たなステージに立とうとしている。来年1月に東京・大阪で上演が予定されている舞台『ジルゼの事情』がそれだ。

映画『KOTOKO』でスクリーン越しに女優として現れた彼女が、今度は私たちの目の前に生の身体を現そうとしている。既に初回発売分のチケットは完売したことからも、新たな展開に対する期待の大きさは察することができる。今、なぜCoccoは演劇に向きあうのだろうか。

『KOTOKO』に出演したとき、「演技は家族に怒られるんだろうな〜」と思ってた。ところがみんなけっこう喜んでくれて、「おやおや、やっていいのかい?」と(笑)。

―今回、Coccoさんは「劇団鹿殺し」のメンバーとのコラボレーションで、舞台『ジルゼの事情』に主演されるとのことですが、実は演劇出演は初めてですよね。長年のファンからするとちょっと驚く展開ですが、なぜ舞台に立たれることを決めたのでしょうか?

Cocco:うーん……ずっとやりたいって言ってたんだけど、話がなかった。いいかげん誰も紹介してくれないので、「もう、自分でオーディション受けにいくから!」って、オーディション雑誌をスタッフの目の前に叩き付けて脅したら、ようやく紹介してくれた(笑)。

―本当ですか?

スタッフ:本当です。事実です(笑)。

―でも、そういえば最新エッセイ集の『東京ドリーム』にも書かれていましたけど、Coccoさん、けっこう自分からいろんなものを探しに行ったり、勉強しに行ったりしていますよね。

Cocco:そう、めっちゃしてる。飛び込み型。映画『KOTOKO』も私の持ち込み企画だし。

―それは、塚本晋也監督と一緒にやりたいということで?

Cocco:うん。全部持ち込みだよ。誰も私を強引に奪ってくれないから!(笑)

―奪ってほしいんですね(笑)。エッセイでは、「ずっと演技をやりたかった」と書かれていましたよね。祖父の真喜志康忠さんが、沖縄芝居の有名俳優だったことも影響しているんでしょうか?

Cocco:小さい頃から客席や舞台袖で、じいちゃんの舞台を見てたからね。だから、私もいつかはじいちゃんと同じところに行くのかなって、漠然とは思ってた。でも、うちの家族は芸事が禁止だったんで。

Cocco
Cocco

―それは、またなぜ?

Cocco:家族みんな、じいちゃんに散々苦労させられたからね。芸に生きる人生がいかに大変なのかみんな知っているから、父親も公務員だし。親には「おまえは絵が得意だね。じゃあ設計士になれ!」とか言われて(笑)。だから、舞台に上がるのはもちろん、学芸会のお芝居すらもダメで。

―それはさすがに厳しいですね。

Cocco:でも、ダメだと言われると、憧れって膨らむでしょう? それで1年間お願いし続けて、ようやくバレエ教室に通わせてもらえて。

―その後、バレリーナを目指して東京に行き、歌と出会い、今に至るという。

Cocco:だから、『KOTOKO』に出演したときは、「やっぱり、演技は怒られるんだろうな〜」と思ってた。ところが沖縄で『KOTOKO』を上映してみたら、家族みんなけっこう喜んでくれて、「おやおや、やっていいのかい?」と(笑)。その後は、ずっと「舞台がやりたい、やりたい、やりた〜い!」っていう意思表示をし続けてきたんです。

Page 1
次へ

イベント情報

OFFICE SHIKA × Cocco
『ジルゼの事情』

脚本・演出:丸尾丸一郎
出演:
Cocco
丸尾丸一郎
内田滋
オレノグラフィティ
傳田うに
坂本けこ美
鷺沼恵美子
廣川三憲(ナイロン100℃)

東京公演
2014年1月16日(木)〜1月26日(日)全14公演
会場:東京都 渋谷 CBGKシブゲキ!!

大阪公演
2014年1月30日(木)〜2月2日(日)全6公演
会場:大阪府 大阪 ABCホール

料金:各公演 6,300円

書籍情報

『東京ドリーム』
『東京ドリーム』

2013年10月25日発売
著者:Cocco
価格:1,575円(税込)
発行:ミシマ社

プロフィール

Cocco(こっこ)

1977年、沖縄県出身。歌手、絵本作家、女優。1996年日米インディーズデビュー。1997年ビクターSPEEDSTAR RECORDSより日本メジャーデビュー。これまでにシングル16枚とアルバム9枚を発売。音楽以外のフィールドでも絵本、エッセイ集、小説などの出版物を発表。2011年6月東日本大震災救援企画映像作品『Cocco Inspired movies』発売。同年映画『KOTOKO』初主演。『ベネチア国際映画祭』オリゾンティ部門最高賞他多数受賞。2013年8月DVD『Cocco ベスト盤ライブ〜2011.10.7』発売。同年10月4冊目となる最新エッセイ『東京ドリーム』(ミシマ社)を発売。エッセイ集と同タイトルの楽曲“東京ドリーム”を配信限定リリースし、話題を呼ぶ。12月18日最新楽曲“キラ星”を配信限定リリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図