ニュース

腐女子とオタク男の親友救出作戦描く『ぼんとリンちゃん』場面写真、40mPの主題歌も

9月20日から東京・新宿のシネマカリテ、大阪のシネ・リーブル梅田ほか全国で公開される映画『ぼんとリンちゃん』から予告編映像と場面写真が公開された。

同作は、2013年の長編映画デビュー作『ももいろそらを』が、国内外の映画祭で注目を集めた小林啓一監督の新作。ボーイズラブやアニメ、ゲームが好きな地方都市に住むオタクの幼馴染「ぼん」と「リン」が、同棲中の彼氏から暴力を振るわれているという親友のみゆを救う為に東京に行き、ネットゲームで知り合った「べび」と共にみゆの家へと突撃するも、予想外の事実を突きつけられる、という物語だ。自称「16歳と62か月」の女子大生・ぼん役を佐倉絵麻、ぼんを「ねえさん」と慕うリン役を『仮面ライダー鎧武』や映画『渇き』などの出演で知られる高杉真宙が演じる。

今回公開された場面写真と予告編映像では、佐倉の手をひいて歩く高杉の姿や、佐倉が高杉を抱きしめる場面、2人がアニメなどのポスターに囲まれた部屋に佇む様子などが確認できる。さらにボーカロイドプロデューサーの40mPが同作のために書き下ろした主題歌“迷子のリボン”も映像の中で初公開。また、劇中に登場する同人誌は星野リリィが手掛けている。

※記事掲載時、一部内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。


作品情報

『ぼんとリンちゃん』

2014年9月20日(土)から新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開
監督・脚本・撮影:小林啓一
主題歌:40mP“迷子のリボン”
出演:
佐倉絵麻
高杉真宙
比嘉梨乃
まつ乃家栄太郎
桃月庵白酒
配給:フルモテルモ

『ぼんとリンちゃん』ポスタービジュアル ©ぼんとリンちゃん
『ぼんとリンちゃん』ポスタービジュアル ©ぼんとリンちゃん
『ぼんとリンちゃん』 ©ぼんとリンちゃん
『ぼんとリンちゃん』 ©ぼんとリンちゃん
『ぼんとリンちゃん』 ©ぼんとリンちゃん
『ぼんとリンちゃん』 ©ぼんとリンちゃん
『ぼんとリンちゃん』 ©ぼんとリンちゃん
『ぼんとリンちゃん』 ©ぼんとリンちゃん
『ぼんとリンちゃん』 ©ぼんとリンちゃん
『ぼんとリンちゃん』 ©ぼんとリンちゃん
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告