ニュース

岡田将生が詩人ランボー役で舞台初挑戦、蜷川幸雄演出『皆既食』で生瀬勝久と共演

蜷川幸雄演出の舞台『皆既食-Total Eclips-』が、11月7日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演される。

同作は、19世紀のフランスを代表する詩人アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌの関係性を軸にしたクリストファー・ハンプトンの小説『太陽と月に背いて』が原作。物語は「早熟の天才」と評され、10歳年上のヴェルレーヌとの出会いによって才能を開花させたランボーと、ランボーへの愛憎と嫉妬により心を揺さぶられると同時に、若く美しい妻へ執着し、厳格な義父母の干渉も断ち切れないヴェルレーヌの2年にわたる放浪と闘争の日々や、別れと破滅、それぞれの孤独な最期を描く。

20代前半に詩作を放棄し、若くして命を落としたランボー役を演じるのは、同作で初舞台を踏む岡田将生。ランボーとは対照的に、老年になるまで破滅的に生きたヴェルレーヌ役を生瀬勝久が演じる。さらに、ランボー、ヴェルレーヌと奇妙な三角関係を展開するヴェルレーヌの妻マチルダ役に中越典子、ヴェルレーヌの義父役に辻萬長、義母役に加茂さくら、ヴェルレーヌの晩年に寄り添う娼婦役に立石涼子がキャスティングされている。なお同作は、12月4日から大阪・シアターBRAVA!で上演される。

蜷川幸雄のコメント

「皆既食」は、以前から機会があったら上演したいと思っていました。ランボーの詩はこれまでも愛唱してきましたし、自由に生きた彼の存在自体、社会に対して大きな影響力があり、とても興味深い。しかし、主演の俳優がなかなか見つからなかったんです。そんな時、「繊細な演技がちゃんとできて、うまいなあ」と思っていた岡田将生君と一緒に仕事をしようということになり、ランボーを提案したら、「やってみたい」と言ってくれた。じゃあ、勝負掛けるか!(笑)ということになったわけです。ランボーを演じるとなると、いろいろと掘り下げていく必要があるので、この挑戦はとっても良いステップになるだろうし、彼の新鮮な演技に出会いたい。僕も冒険する楽しみがあるなと思っています。実際に会ってみて、繊細な空気を身にまとっている、頭が良い青年だな、という印象を受けました。 ランボーのエキセントリックな行為に巻き込まれながらも、常識的な部分を併せ持っているヴェルレーヌは生瀬さんにぴったりです。そんな役柄を魅力的に演じられる中年の俳優ってなかなかいないんですよ。 これから岡田君、生瀬さんたちと、詩的な冒険をするのを楽しみにしています。ぜひともその冒険に立ち会って、魂を震わせてほしいと思っています。

岡田将生のコメント

俳優の先輩方から舞台の面白さをたくさん聞いていたので、いつか挑戦したいと思っていました。25歳になるこのタイミングで、ランボーという演じがいのある役に出会えることをとても幸せに感じています。蜷川さんに対しては怖い方、というイメージを持っていましたが(笑)、お会いしたら、包み込むような優しい目をされていて、「自由にやって!」とおっしゃって頂きました。 ヴェルレーヌが奥さんを置いてランボーに走るほど、魅力的で、はかなくて、そして天才と言われる人物なので、まだ謎が多いです。どうやって表現していくか稽古場で探していければと思っています。 映像でも共演させて頂いている、ベテランの生瀬さんがいらっしゃるので、胸を借りるつもりで、教えて頂けるものを全部吸収したいと思っています。この戯曲には面白さがたくさん詰まっているので、あとはやるだけです! 演劇というものに真摯に向き合っていきたいですし、蜷川さんや生瀬さんをはじめ、たくさん舞台を経験していらっしゃる方々にいろいろ教えて頂いて精一杯頑張りたいと思っています。

生瀬勝久のコメント

ヴェルレーヌという人物をどう演じるのか。現時点でも、業(ごう)の人なんだろうなとか、彼の醜さとか、色々と考えますが、まずは稽古場でやってみてからですね!稽古場で共演者と言葉を交わして、目を見て、初めてカンパニーができると信じているんです。そしてこの容姿と声でヴェルレーヌをどう表現し、それを蜷川さんがどのように導いてくれるのか...。僕は過去3回蜷川さんとご一緒していますが、どれもスパイス的な役柄で、物語の中心にいる人間は今回が初めてなので、楽しみですね。 岡田将生君とは、彼が20歳そこそこの時に出会いました。いやあ美しい若者だなと思ったことを覚えています。でも、自分のことを二枚目とは思ってないようなところがある。なんか野生の人みたいな感じがします。野生の動物って自分が美しいとは思ってないですからね。 岡田君の初舞台というところに、おそらくほとんどの方の期待が向かうと思うんですけど、まあ、僕も黙っちゃいないよということです(笑)。蜷川さんとがっつりお芝居を創る機会を与えていただいたので、集中して稽古して、度肝を抜くような舞台にしたいと思っていますので、期待していてください!

イベント情報

『皆既食-Total Eclips-』

演出:蜷川幸雄
翻訳:小田島恒志
作:クリストファー・ハンプトン
出演:
岡田将生
生瀬勝久
中越典子
立石涼子
土井睦月子
外山誠二
冨岡弘
清家栄一
妹尾正文
堀文明
下総源太朗
野口和彦
加茂さくら
辻萬長
ほか

東京公演
2014年11月7日(金)~11月29日(土)全26公演
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraシアターコクーン
料金:S席10,000円 A席8,000円 コクーンシート5,500円

大阪公演
2014年12月4日(木)~12月7日(日)
会場:大阪府 シアターBRAVA!

『皆既食-Total Eclips-』より
『皆既食-Total Eclips-』より
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開