ニュース

藤沢とおる原作の漫画『ソウルリヴァイヴァー』、ハリウッドでの実写映画化企画が始動

漫画『ソウルリヴァイヴァー』がハリウッドで実写映画化されることがわかった。

月刊誌『HERO'S』で連載中の『ソウルリヴァイヴァー』は、『GTO』の原作者としても知られる藤沢とおるが原作、構成、キャラクターデザインを手掛け、秋重学が作画を担当するファンタジーアクション漫画。死者の魂を連れ戻し、蘇らせる能力を持つ「リヴァイヴァー」のもとに舞い込む様々な依頼を通して、死と「無」の狭間である「死界」で展開される魂の救出劇を描く。

同作の実写映画化は、フィールズ株式会社、株式会社All Nippon Entertainment Worksと、映画『ラスト サムライ』や『恋におちたシェイクスピア』を手掛けたハリウッドの映画製作会社Bedford Fallsの3社による共同製作で実現するもの。『ラスト サムライ』の脚本にも参加したマーシャル・ハースコビッツとエドワード・ズウィックが共同で脚本を執筆し、ズウィックが監督を務める。

今回の映画化プロジェクトの開始に際して行われたミーティングを終えて、藤沢は「非常に楽しいクリエイティブミーティングでした。日本のコミック『ソウルリヴァイヴァー』の世界観がハリウッドでどんな形になるか楽しみです」とコメント。ハースコビッツは、「これまで私たちが手掛けてきた作品の多くは、観客を異なる時代や場所に導くものでした。『ソウルリヴァイヴァー』で面白いのは、我々が住んでいる日常生活の場所の中に、全く異なる世界が存在するというアイディアで、その世界観について探求することが今から楽しみです」、ズウィックは「私は常に日本映画に感化されてきました。今回のプロジェクトを通じて、そういった日本映画との関係を更に拡大し、日本文化にとって新しく、かつ重要な一翼を担えることを嬉しく思っています」とそれぞれ意気込みを語っている。

漫画『ソウルリヴァイヴァー』イメージビジュアル
漫画『ソウルリヴァイヴァー』イメージビジュアル
左からエドワード・ズウィック、藤沢とおる、マーシャル・ハースコビッツ
左からエドワード・ズウィック、藤沢とおる、マーシャル・ハースコビッツ
漫画『ソウルリヴァイヴァー』1巻表紙
漫画『ソウルリヴァイヴァー』1巻表紙
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年