ニュース

藤沢とおる原作の漫画『ソウルリヴァイヴァー』、ハリウッドでの実写映画化企画が始動

漫画『ソウルリヴァイヴァー』がハリウッドで実写映画化されることがわかった。

月刊誌『HERO'S』で連載中の『ソウルリヴァイヴァー』は、『GTO』の原作者としても知られる藤沢とおるが原作、構成、キャラクターデザインを手掛け、秋重学が作画を担当するファンタジーアクション漫画。死者の魂を連れ戻し、蘇らせる能力を持つ「リヴァイヴァー」のもとに舞い込む様々な依頼を通して、死と「無」の狭間である「死界」で展開される魂の救出劇を描く。

同作の実写映画化は、フィールズ株式会社、株式会社All Nippon Entertainment Worksと、映画『ラスト サムライ』や『恋におちたシェイクスピア』を手掛けたハリウッドの映画製作会社Bedford Fallsの3社による共同製作で実現するもの。『ラスト サムライ』の脚本にも参加したマーシャル・ハースコビッツとエドワード・ズウィックが共同で脚本を執筆し、ズウィックが監督を務める。

今回の映画化プロジェクトの開始に際して行われたミーティングを終えて、藤沢は「非常に楽しいクリエイティブミーティングでした。日本のコミック『ソウルリヴァイヴァー』の世界観がハリウッドでどんな形になるか楽しみです」とコメント。ハースコビッツは、「これまで私たちが手掛けてきた作品の多くは、観客を異なる時代や場所に導くものでした。『ソウルリヴァイヴァー』で面白いのは、我々が住んでいる日常生活の場所の中に、全く異なる世界が存在するというアイディアで、その世界観について探求することが今から楽しみです」、ズウィックは「私は常に日本映画に感化されてきました。今回のプロジェクトを通じて、そういった日本映画との関係を更に拡大し、日本文化にとって新しく、かつ重要な一翼を担えることを嬉しく思っています」とそれぞれ意気込みを語っている。

漫画『ソウルリヴァイヴァー』イメージビジュアル
漫画『ソウルリヴァイヴァー』イメージビジュアル
左からエドワード・ズウィック、藤沢とおる、マーシャル・ハースコビッツ
左からエドワード・ズウィック、藤沢とおる、マーシャル・ハースコビッツ
漫画『ソウルリヴァイヴァー』1巻表紙
漫画『ソウルリヴァイヴァー』1巻表紙
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告