『天才バカボン』が長編映画化、バカボン一家VSネロ&パトラッシュの異色ストーリー

赤塚不二夫の生誕80周年を記念する長編アニメ映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』の製作が発表された。

2008年に死去し、8月2日で七回忌を迎える赤塚不二夫。2015年春に公開を予定している同作は赤塚の代表作のひとつである『天才バカボン』をもとにした作品となり、バカボン一家の面々が、天使の手を振りほどいて悪の手先として現代によみがえった『フランダースの犬』のネロとパトラッシュと出会うというあらすじだ。

監督・脚本を手掛けたのは、『秘密結社 鷹の爪』『古墳ギャルのコフィー』などで知られるFROGMAN。同作を通じて、思いやりの大切さや、人間の本当の賢さとは何かという問いかけを描きながら、さらに「これでいいのだ!」のフレーズで現代社会を痛烈に皮肉るエンターテイメント作品になるという。なお、『天才バカボン』が長編アニメ映画化されるのは今回が初めてとのこと。オフィシャルサイトでは特報映像も公開中だ。

作品情報

『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』

2015年春に公開予定
監督・脚本:FROGMAN
声の出演:
FROGMAN
ほか
配給:ティ・ジョイ

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『天才バカボン』が長編映画化、バカボン一家VSネロ&パトラッシュの異色ストーリー

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて