ニュース

「au未来研究所」のキュレーションマガジンに濱野智史、トラフ、MEG、千房けん輔ら

ウェブサイト「au未来研究所」に、新たなコンテンツ「オープンラボラトリー」と「キュレーションマガジン」がオープンした。

「au未来研究所」は、外部の専門家や顧客と共に「つながることの新しい価値」を作り出すことを目指して活動するKDDI研究所の付帯組織。昨年は、『攻殻機動隊』シリーズなどで知られるアニメーション監督・神山健治が率いるSTEVE N' STEVENとProduction I.Gと共に「未来と通信できる携帯電話」をテーマにしたオリジナルアニメーションドラマを制作した。

「『スマホの次』を発明する」をテーマにした今年度は、10年後の未来を見据えたオンラインでのディスカッションや定期的なハッカソンを開催し、アイデアの開発やプロトタイプの製作を行う「オープンラボラトリー」と、「特別研究員」が様々なニュースをピックアップして、独自のコメントと共に発信する「キュレーションマガジン」を展開。「特別研究員」には、佐久間裕美子、鈴木菜央、スズキユウリ、千房けん輔、トラフ建築設計事務所、仲暁子、橋本麻里、濱野智史、深津貴之、藤井直敬、藤村龍至、MEG、暦本純一が名を連ねている。

なお、同サイトには一般のユーザーも「研究員」として参加可能。活動への参加率や投稿したアイデアへの評価に応じたランキングシステムにより「最高研究員」となった研究員は、抽選でアメリカ・テキサス州オースティンで開催される『SXSW』に招待される。

「au未来研究所」ロゴ
「au未来研究所」ロゴ
au未来研究所「特別研究員」
au未来研究所「特別研究員」
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開