ニュース

カレン・Oの初ソロ作は『CRUSH SONGS』、ベッドルームで録音された恋愛ソング集

カレン・O(Yeah Yeah Yeahs)のソロアルバム『CRUSH SONGS』の輸入国内盤が、9月10日にリリースされる。

Yeah Yeah Yeahsのボーカリストとして2003年にデビューしたカレン・O。2009年にはスパイク・ジョーンズ監督の映画『かいじゅうたちのいるところ』のサウンドトラックアルバムをKaren O & The Kids名義でリリースしたほか、ジョーンズ監督の最新作『her/世界でひとつの彼女』に提供した“The Moon Song”は今年の『アカデミー賞』でベストオリジナルソングにノミネートされ、授賞式ではパフォーマンスを行った。

『CRUSH SONGS』は、ソロ名義としては初のアルバム。カレンが人生において忘れられない恋愛について綴ったという同作は、2006年から2007年にかけて自身のベッドルームで制作・録音された。カレンは同作について、「いかにこの恋愛を続けていくか?悩んだなかで完成した曲ばかり。恋愛をしたことのある人なら、みんな共感してもらえると思うわ」と語っている。

また、同作をリリースするレーベルCult Recordsを主宰するジュリアン・カサブランカス(The Strokes)は、「すごく興奮している。これほどのクラシックとも呼べる作品に関われるなんて幸運で誇らしいこと。1日中でも聴いていたい作品。カレンは偉大なアーティストなんだ」と太鼓判を押している。なお、同作は全国のタワーレコードとTOWERmini、およびタワーレコードオンラインにおいて枚数限定で販売される。

カレン・Oのコメント

27歳のとき、わたしは幾度となく押しつぶされた。もう一度誰かを好きになれる自信などなかった。この楽曲はどれも、その頃ひそかに書き上げ、録音したもの。途切れることなく続いてきた愛の聖戦のサウンドトラック。あなたの傍にずっと置いてくれたらと思う。

リリース情報

Karen O
『CRUSH SONGS』輸入国内盤(CD)

2014年9月10日(水)タワーレコード限定発売
価格:2,160円(税込)
MGNF-1011

1. Ooo
2. Rapt
3. Visits
4. Beast
5. Comes The Night
6. NYC Baby
7. Otherside
8. So Far
9. Day Go By
10. Body
11. King
12. Indian Summer
13. Sunset Sun
14. Native Korean Rock
15. Sing Along

Karen O『CRUSH SONGS』ジャケット
Karen O『CRUSH SONGS』ジャケット
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー