ニュース

河原雅彦×MIKIKOによるパフォーマンス公演再演、謎のグループALUCARDの正体とは

舞台『THE ALUCARD SHOW』が、11月14日から東京・渋谷のAiiA Theater Tokyoで上演される。

同作は、阿部サダヲ主演の『八犬伝』や小栗旬主演の『カッコーの巣の上で』などの演出を手掛ける河原雅彦と、Perfumeなどの振付で知られるMIKIKOがタッグを組み、昨年8月に上演された同名舞台の再演。国民的アーティストのマリアのバックダンサーとして雇われた6人組の男たちと突然現れた謎の青年・ブラドによるグループ「ALUCARD」が熱狂的なファンを獲得していくが、彼らの周りで不穏な出来事が次々に発生していくというホラーの要素を交えた物語を、音楽、ダンス、映像を駆使して描くパフォーマンスショーになっている。

突然現れて世の中を熱狂的な渦に巻き込んだ後、忽然と姿を消す謎のダンスユニットALUCARDのメンバー役を演じるのは、初演時のメンバーである松下優也、平間壮一、植原卓也、橋本汰斗、加藤真央、横尾瑠尉と、新たに参加する山下銀次。さらに、バックダンサーだったはずのALUCARDにスターの座を奪われるマリア役にシルビア・グラブ、マリアのマネージャー・ウォルター役に金剛地武志がキャスティングされているほか、ALUCARDの熱狂的なファンとなり、ストーカーのように彼らを追う主婦のサラを光浦靖子が演じる。チケットの一般発売は10月5日10:00からスタート。

イベント情報

『THE ALUCARD SHOW』

2014年11月14日(金)~11月24日(月・祝)全15公演
会場:東京都 渋谷 AiiA Theater Tokyo
構成・演出:河原雅彦
振付:MIKIKO
出演:
松下優也
平間壮一
植原卓也
橋本汰斗
加藤真央
山下銀次
横尾瑠尉
金剛地武志
シルビア・グラブ
光浦靖子
ほか
料金:アルカドニアシート6,800円 プレミアムシート10,000円(前方10列)
※アルカドニアシートはスペシャル缶バッジ、プレミアムシートはオリジナルグッズが付属

『THE ALUCARD SHOW』ビジュアル
『THE ALUCARD SHOW』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く