はえぎわの新作公演『ハエのように舞い 牛は笑う』、音楽は「田中馨+1」が担当

はえぎわの公演『ハエのように舞い 牛は笑う』が、8月23日から東京・池袋の東京芸術劇場シアターイーストで上演される。

1999年にノゾエ征爾を中心に活動をスタートさせ、2001年に劇団となったはえぎわ。2012年には『○○トアル風景』で『第56回岸田國士戯曲賞』を受賞した。東京芸術劇場が注目する若手を紹介する『芸劇eyes』の一環で上演される『ハエのように舞い 牛は笑う』は、はえぎわの設立15周年を記念した新作となる。

同作には、ノゾエ征爾、井内ミワク、町田水城、鈴真紀史、滝寛式、竹口龍茶、踊り子あり、川上友里、鳥島明、富川一人、山口航太に加え、客演の笠木泉、上村聡(遊園地再生事業団)、河井克夫、橘花梨が出演。さらに、音楽を「田中馨+1」として8月25日、27日から31日は田中馨(ショピン)と川村亘平斎(滞空時間)、23日、24日、26日は田中とオロロトリヒロ(COINN)が手掛ける。
また、8月27日に松尾スズキ、8月28日に大根仁、8月29日に成田久をゲストに迎え、ノゾエと作品などについて語るアフタートークが行われる。

ノゾエ征爾のコメント

なんやかんやと15周年です。
おかげさまで、おかげさまで、という気持ちは尽きませんが、しかし、15周年を祝うような気持にもなかなかなれず、身分相応に、粛々と、虎視眈々と、今作に意気を投入したく思います。
ある夏、ある島でのお話です。
ハエのようにたくましく、無様な悲哀と活力に溢れた人々。
現代の日本版イソップ寓話のような、現実味のある寓話。
バンドを入れての生演奏も初めてになります。
はえぎわの新たな一歩の最初の一歩。
「2014年、いい夏だった」の1ページに今公演が含まれますことを。
何卒、よろしくお願いいたします。

イベント情報

芸劇eyes
はえぎわ
『ハエのように舞い 牛は笑う』

2014年8月23日(土)~8月31日(日)全11公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
作・演出:ノゾエ征爾
音楽:田中馨+1
出演:
井内ミワク
町田水城
鈴真紀史
滝寛式
竹口龍茶
踊り子あり
川上友里
鳥島明
富川一人
山口航太
ノゾエ征爾
笠木泉
上村聡(遊園地再生事業団)
河井克夫
橘花梨

アフタートーク
2014年8月27日(水)19:00~
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
出演:
松尾スズキ
ノゾエ征爾

2014年8月28日(木)19:00~
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
出演:
大根仁
ノゾエ征爾

2014年8月29日(金)19:00~
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
出演:
成田久
ノゾエ征爾

川村亘平斎
iPhone5/5Sケース「はっぱ」

価格:3,780円(税込)
南の島の大自然の美しさを手のひらに

CINRA STOREで購入する

川村亘平斎
トートバッグL「滞空時間TBAG」

価格:3,780円(税込)
川村亘平斎のソロユニット「滞空時間」オリジナルグッズ

CINRA STOREで購入する

  • HOME
  • Stage
  • はえぎわの新作公演『ハエのように舞い 牛は笑う』、音楽は「田中馨+1」が担当

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて