ニュース

及川光博が日本破壊を企む悪役に、島田雅彦原作ドラマ『悪貨』で黒木メイサと共演

連続テレビドラマ『悪貨』が、11月からWOWOWで放送される。

島田雅彦の同名小説を原作にした同作。最新の鑑定機をすり抜けるほど精巧な100万円の偽札が流通したことをきっかけに、別の事件で投資家・野々宮冬彦を追っていた警視庁捜査二課の潜入捜査官・宮園エリカや、「フクロウ」と呼ばれる偽札鑑定のスペシャリストらが野々宮の計画に巻き込まれ、やがて彼の真の目的を知っていく、という金融サスペンスになっている。

偽札を使って日本を破壊しようと企む、巨額の資金を操る投資家・野々宮を演じるのは、及川光博。及川は、悪役を演じるにあたって、「正直、ストレスの発散になりますね(笑)。心の奥底に押し込めた憎悪を解放する“キモチよさ”があります。あ、もちろん演技ですよ?!」「孤高のダークヒーローを精一杯、細やかに演じたいと思います」とコメントしている。

また、マネーロンダリングの疑いで野々宮に接触を図るうちに、野々宮の思惑に翻弄されていく捜査官・宮園役は黒木メイサ。黒木は自身の演じる役について、「個人の感情を潜入捜査に持ち込んではいけないのかもしれませんが一人の女性として感情も生まれてしまうはず...難しい役になりそうです」と語っている。

原作者の島田は、及川と黒木について、「ミッチーが好きな人は見知らぬ世界に踏み込む勇気のある人だ。メイサの行動が気になる人は危ない橋を渡りたい人だ。『悪貨』のヒーロー、ヒロインにこれほどうってつけの男と女がほかにいるだろうか?」と太鼓判を押している。

島田雅彦のコメント

ミステリーと社会面の記事が地続きであるように、ドラマは現実を模倣しつつ、現実を越えようとする贋金みたいなものだ。『悪貨』はずっとドラマ化されることを待っていたが、ようやく、機が熟した。パンドラの箱を開く時のワクワク感に震えている。

番組情報

連続ドラマW
『悪貨』

2014年11月からWOWOWで放送
監督:権野元
脚本:渡辺千穂
原作:島田雅彦『悪貨』(講談社文庫)
音楽:羽岡佳
出演:
及川光博
黒木メイサ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄