仏教音楽からポップスまで歌い継がれる「声」の伝統たどる、坂本美雨の歌唱も

和の魅力を再発見するイベント『和の魅力発見シリーズ Traditional+(トラディショナルプラス)【vol.5】Voice Surfing 声の系譜』が、9月7日に東京・表参道のスパイラルホールで開催される。

『Traditional+』は、伝統芸能の新しい魅力を初めての方にもわかりやすい解説とトークを交えて紹介するシリーズ公演。5回目を迎える今回は、日本の音楽の歴史を彩ってきた「声」に注目し、現代までユニークな変容を続けている声の系譜をたどる。

プログラムは2部制となり、パート1では僧侶の唱える仏教音楽「聲明」、あの世からの思いを物語る能の「謡曲」、庶民の生活が生んだ「民謡」、同時代を歌う現代の「ポップス」のライブを実施。民謡の公演では細野晴臣が作曲を手掛け、忌野清志郎が作詞を担当した“幸せハッピー”が演奏されるほか、ポップスのライブでは坂本美雨が“おだやかな暮らし”“雨とやさしい矢”などを歌う。ナビゲーターは音楽・文芸評論家の小沼純一。

パート2では、パート1の演奏者と小沼純一に加え、作曲家の伊左治直を迎えたトークや、伊左治作曲の新作“ユメノ湯巡リ声ノ道行”の世界初演が行われる。チケットは現在発売中。

同イベントは、日本における伝統芸能や文化を紹介する「東京文化発信プロジェクト」の一環として行われている『東京発・伝統WA感動』内のプログラムとなる。『東京発・伝統WA感動』では、ストリートダンスと日本の伝統芸能の融合に挑む公演や、南原清隆や野村万蔵を迎え、古典の笑いと現代の笑いを実演で探る公演などのプログラムを予定。詳細はオフィシャルサイトから確認して欲しい。

イベント情報

『和の魅力発見シリーズ Traditional+(トラディショナルプラス)【vol.5】Voice Surfing 声の系譜』

2014年9月7日(日)OPEN 15:30 / START 16:00
会場:東京都 表参道 スパイラルホール(スパイラル3F)
出演:
[パート1]パフォーマンス&レクチャー
聲明:室生述成
謡曲:観世喜正
民謡:木津茂理
ポップス:坂本美雨、国広和毅(Gt)
[パート2]トーク&委嘱新作発表
アーティストトーク:
室生述成
観世喜正
木津茂理
坂本美雨
伊左治直
小沼純一
パフォーマンス:
Traditional + 委嘱新作 伊左治直作曲“ユメノ湯巡リ声ノ道行”
料金:一般2,000円 学生(高校生以下)1,000円
※未就学児入場不可
※内容は変更になる場合があります
主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京発・伝統WA感動実行委員会

  • HOME
  • Music
  • 仏教音楽からポップスまで歌い継がれる「声」の伝統たどる、坂本美雨の歌唱も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて