長塚圭史が昭和初期の戯曲に挑む『鼬』、鈴木京香、白石加代子らが全編東北弁でバトル

長塚圭史演出の舞台『鼬(いたち)』が、12月1日から東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで上演される。

1934年に発表された戯曲『鼬』は、劇作家・小説家の真船豊が昭和初期の東北の寒村を舞台に、全編東北弁で執筆した作品。東北の旧家「だるま家」を巡り、業と欲にかられた人々がその姿を隠そうともせずに繰り広げる骨肉の争いを赤裸々に描く。

「だるま家」先代の娘で過去に数々の悪事を働いたことでも知られる主人公おとりを演じるのは鈴木京香。おとりへの疑念と憎しみをむき出しにするおとりの義姉・おかじを白石加代子が演じる。さらに、「だるま家」当主・萬三郎役の高橋克実、おかじの娘・おしま役の江口のりこに加え、赤堀雅秋、峯村リエ、山本龍二、佐藤直子、塚本幸男らがキャストに名を連ねている。チケットの一般発売は、10月11日からスタート。

イベント情報

『鼬(いたち)』

2014年12月1日(月)~12月28日(日)全30公演
会場:東京都 三軒茶屋 世田谷パブリックシアター
作:真船豊
演出:長塚圭史
出演:
鈴木京香
白石加代子
高橋克実
江口のりこ
山本龍二
峯村リエ
佐藤直子
塚本幸男
赤堀雅秋
料金:S席8,500円 A席6,500円

  • HOME
  • Stage
  • 長塚圭史が昭和初期の戯曲に挑む『鼬』、鈴木京香、白石加代子らが全編東北弁でバトル

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて