ニュース

高良健吾の主演映画『悼む人』に大竹しのぶ、井浦新、貫地谷しほりら出演&特報映像

2015年2月14日から全国で公開される堤幸彦監督の新作映画『悼む人』の追加キャストが判明。あわせて特報映像が公開された。

同作は、天童荒太の2008年に発表された同名小説をもとにした作品。原作は、2009年に『第140回直木賞』を受賞し、2012年には堤の演出により舞台化された。物語は、死者を悼む旅を続ける青年・坂築静人を主人公に、かつて夫を殺害した罪を背負いながら静人と行動を共にする女・奈義倖世、静人の帰りを待つ末期癌の母・巡子、別れた恋人の子を身ごもる妹・美汐、静人を追う人間不信の雑誌記者・蒔野抗太郎、殺害されたはずの倖世の夫らが織り成す人間模様を描く。これまでに、静人役の高良健吾、倖世役の石田ゆり子の出演が発表されていた。

今回出演が明らかになったのは、静人の母役の大竹しのぶ、倖世に執拗に付きまとう夫役の井浦新、静人の妹役の貫地谷しほり、静人を追う記者役の椎名桔平。特報映像には、高良のナレーションと共に、出演者たちの姿が映し出されている。

堤幸彦監督のコメント

この作品を映像化するにあたり、これ以上ない完璧なキャスティングである。そしてどのシーンもそのキャストの皆さんの力で想像以上の《成果》を得た。ありがたく素晴らしいことだ。監督冥利に尽きる。ぜひたくさんの方にご覧いただき、実感していただきたい。

作品情報

『悼む人』

2015年2月14日(土)から全国ロードショー
監督:堤幸彦
脚本:大森寿美男
原作:天童荒太『悼む人』(文春文庫)
出演:
高良健吾
石田ゆり子
井浦新
貫地谷しほり
椎名桔平
大竹しのぶ
配給:東映

『悼む人』より大竹しのぶ ©2015「悼む人」製作委員会
『悼む人』より大竹しのぶ ©2015「悼む人」製作委員会
『悼む人』より井浦新 ©2015「悼む人」製作委員会
『悼む人』より井浦新 ©2015「悼む人」製作委員会
『悼む人』より椎名桔平 ©2015「悼む人」製作委員会
『悼む人』より椎名桔平 ©2015「悼む人」製作委員会
『悼む人』より貫地谷しほり ©2015「悼む人」製作委員会
『悼む人』より貫地谷しほり ©2015「悼む人」製作委員会
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告