ニュース

能年玲奈主演『海月姫』の主題歌にSEKAI NO OWARI新曲“マーメイドラプソディー”

12月27日から全国で公開される能年玲奈の主演映画『海月姫』の主題歌をSEKAI NO OWARIが手掛けていることがわかった。

主題歌に決定したのは、同バンドの新曲“マーメイドラプソディー”。人魚の物語を描いた歌詞と、水中を漂う人魚の姿をイメージさせるメロディーによって映画の世界観を表した楽曲になっている。同曲はメンバーが撮影現場を見学し、インスピレーションを受けて書き下ろされたとのこと。メンバーで共同生活を送りながら音楽活動を続けるSEKAI NO OWARIと、映画の中で同じアパートに暮らす「尼~ず」のイメージが重なったことも、主題歌起用の理由のひとつだという。

『海月姫』は、2008年から『Kiss』誌で連載されている東村アキコによる同名漫画が原作。オタク女子の集う男子禁制のアパート「天水館」で、「男を必要としない人生」を掲げる尼~ずたちと暮らす倉下月海を主人公に、女装男子の蔵之介、童貞でエリートの蔵之介の兄たちとの関わりや、天水館取り壊しの危機などを描く。クラゲオタクの月海役を能年、蔵之介役を菅田将暉が演じるほか、池脇千鶴、太田莉菜、馬場園梓(アジアン)、篠原ともえ、片瀬那奈、速水もこみち、平泉成、中村倫也、内野謙太、長谷川博己らが出演する。

Fukase(SEKAI NO OWARI)のコメント

原作をお風呂で読みました。映画のセットを見て、とても細かい部分まで拘っていて勉強になりました。

Nakajin(SEKAI NO OWARI)のコメント

撮影現場で天水館のセットを見て、映画の雰囲気を掴むことができて良かったです。凄く良い世界観だなと思いました。セットに僕が中学生の頃に使っていたラジカセが置いてあってビックリしました。

Saori(SEKAI NO OWARI)のコメント

主題歌の話を聞いて嬉しかったです。私たちはいつもメロディが先なのですが、Nakajinが詞先でやってみなと言ってくれて、すごく楽しかったです。(映画のヒロインたちの)閉じこもっているけど、一歩外に出てみようとしている感じを私も知っているぞと思って、自分とリンクするところを人魚の話で書いてみようと思って、すぐにピンときて詞を書けました。

DJ LOVE(SEKAI NO OWARI)のコメント

漫画とかCDとかDVDとかフィギュアとかオタクではありませんが、よく人からオタクと言わるくらい大好きです!

能年玲奈のコメント

可愛らしい曲で、敢えて、人魚の曲になっているのが、海月姫のストーリーからまた別の物語を思わせるような気がします。アナザーストーリーが生まれそうですね。

作品情報

『海月姫』

2014年12月27日(土)全国ロードショー
監督:川村泰祐
脚本:大野敏哉、川村泰祐
原作:東村アキコ『海月姫』(講談社『kiss』)
主題歌:SEKAI NO OWARI“マーメイドラプソディー”
出演:
能年玲奈
菅田将暉
池脇千鶴
太田莉菜
馬場園梓(アジアン)
篠原ともえ
片瀬那奈
速水もこみち
平泉成
中村倫也
内野謙太
長谷川博己
配給:アスミック・エース

SEKAI NO OWARI
SEKAI NO OWARI
『海月姫』 ©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社
『海月姫』 ©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社
『海月姫』ポスタービジュアル ©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社
『海月姫』ポスタービジュアル ©2014映画「海月姫」製作委員会 ©東村アキコ/講談社
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される