エビ中・ぁぃぁぃがドーナツの穴に迷い込む、初主演映画『たまこちゃんとコックボー』

廣田あいか(私立恵比寿中学)の初主演映画『たまこちゃんとコックボー』が、2015年春に全国で公開される。

『たまこちゃんとコックボー』は、広島ホームテレビ、秋田放送とDLEとによる「ユニキャラプロジェクト」から生まれたキャラクターコンテンツ。食べることが大好きだが料理が苦手な女の子・たまこちゃんと、料理が得意な話すコック帽・コックボーが繰り広げるストーリーがテレビアニメやYouTubeの動画、CMなどで展開されている。

映画版の物語は、お菓子の国のプリンセスを夢見る中学生・星野ひよ子がドーナツの穴に吸い込まれて迷い込んだアニメの世界で、たまこちゃんとコックボーに出会うというもの。外の世界に興味を持ったたまこちゃんが穴を通ってひよ子の体に宿り、外の世界に出たことから始まる、2人の入れ替わりの生活を描いたファンタジー作品になっている。

監督は、映画『きいろいゾウ』の脚本でも知られ、今年4月に公開された『1/11 じゅういちぶんのいち』で監督デビューを果たした片岡翔。廣田以外のキャストについては後日発表される予定だ。

廣田あいかのコメント

自分がまさかこんなはやく主演をやらせていただけるなんて...全く思っていなかったのでほんとにびっくりしてます!☆うれしすぎます!!!!!!!まだどんな映画になるかわからないのでドキドキしているんですが、きっとすてきなおはなしになると思うので、たくさんの方々に観ていただいて全国が♪ココココックコックンコックボーでいっぱいになったらいいなって思います☆~(ゝ。∂)笑

作品情報

『たまこちゃんとコックボー』

2015年春全国ロードショー
監督・脚本:片岡翔
出演:
廣田あいか
ほか
配給:DLE

  • HOME
  • Movie/Drama
  • エビ中・ぁぃぁぃがドーナツの穴に迷い込む、初主演映画『たまこちゃんとコックボー』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて