ニュース

松田翔太、前田敦子、木村文乃が三角関係に、小説『イニシエーション・ラブ』映画化

映画『イニシエーション・ラブ』が、2015年に全国東宝系で公開される。

同作は、2004年に発売された乾くるみの同名小説が原作。青春恋愛物語を描きながら、最後の2行でミステリーに変わるというトリックで注目を集め、発行部数は100万部を超えている。物語は、1980年代の静岡を舞台にした「Side-A」と東京を舞台にした「Side-B」で構成。「Side-A」は、就職活動中の奥手な大学生・鈴木と歯科助手・マユのぎこちない恋愛模様を描き、「Side-B」は、就職のために上京した鈴木と静岡に残ったマユの遠距離恋愛が次第に上手くいかなくなっていく様を描く。映画ではラストの5分にトリックが盛り込まれるという。

主人公の鈴木役を演じるのは松田翔太。マユ役を前田敦子が演じるほか、「Side-B」で鈴木、マユと三角関係になる美弥子役に木村文乃がキャスティングされている。監督は堤幸彦が務める。

松田翔太のコメント

堤監督とは十数年前にお会いする機会があり、今回この作品に呼んでいただき、改めて俳優としてお会いできとても嬉しく思っています。台本と原作を読ませていただき、80年代ならではの男女の交際や、原作の持つ世界観がとても面白いと思いました。ファッション的にも当時のものにこだわり、皆さんにこの世界観に浸っていただき、シュールなミステリーを味わって頂きたいとおもいます。僕も堤監督の描く『イニシエーション・ラブ』を味わって参加して行きたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

前田敦子のコメント

今回の役柄は、今まで体験したことのないキャラクターなのでとても楽しみです。設定も自分が生まれていない時代背景なので、それも楽しみたいです。原作もとても人気がある作品なので堤組の皆さんと一緒に盛り上げていきたいと思います。

木村文乃のコメント

いつかご一緒できたらと願っていた堤監督との初仕事なので今からとても楽しみです。ほとんどが松田さんとの会話のシーンになるので、二人の微妙な距離感とちょっとした駆け引きを、空気感を大事に丁寧に重ねて行けたらなと思っています。

堤幸彦のコメント

なんて挑みがいのある作品なのか!時代設定、キャラクター設定、そして驚愕のストーリー設定、全てが映画的だ。最高のキャストと我がチームの持てる力をフル動員して、この一筋縄ではいかない『イニシエーション・ラブ』に挑みたい。

乾くるみのコメント

アレを映像化するのですか?本当に?いえ、こちらとしても損はない話ですから、どうぞご自由に。おそらく原作とはかなり違ったものになるのでしょう。ちなみに、原作には混浴露天風呂のシーンはありません。観光地でグルメを食べ歩きするようなシーンもありません。そういう要素を無理やりねじ込んだ映画版を見てみたい気持ちも少しだけありますが、何卒お手柔らかにお願いします

作品情報

『イニシエーション・ラブ』

2015年全国東宝系で公開
監督:堤幸彦
脚本:井上テテ
原作:乾くるみ『イニシエーション・ラブ』(文春文庫)
出演:
松田翔太
前田敦子
木村文乃
配給:東宝

左から美弥子役の木村文乃、鈴木役の松田翔太、マユ役の前田敦子
左から美弥子役の木村文乃、鈴木役の松田翔太、マユ役の前田敦子
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと