シティポップカバー盤に一十三十一、曽我部、奇妙ら12組、ジャケは永井博

「シティポップ」がテーマのカバーアルバム『TWILIGHT TIME』が、10月29日にリリースされる。

同作には、1970年代から80年代にかけて発表された楽曲を様々なアーティストたちがカバーした音源が収録されている。収録楽曲は、一十三十一によるカルロス・トシキ&オメガトライブの“アクアマリンのままでいて”をはじめ、monolog + Ai Ichikawaによる山下達郎の“PAPER DOLL”、奇妙礼太郎によるザ・フォーククルセダーズの“悲しくてやりきれない”、曽我部恵一によるハイ・ファイ・セットの“個人的メッセージ”、HICKSVILLEによる小坂忠の“ほうろう”など全12曲となり、同作のために新たに録音された楽曲も含まれる。

ジャケットには大滝詠一のアルバム『A LONG VACATION』などでも知られる永井博のイラストレーションが使用されている。

リリース情報

V.A.
『TWILIGHT TIME』(CD)

2014年10月29日(水)発売
価格:2,625円(税込)
XQKF-1083

1. PAPER DOLL / monolog + Ai Ichikawa(山下達郎)
2. アクアマリンのままでいて / 一十三十一(カルロス・トシキ&オメガトライブ)
3. Mr.サマータイム / 武田カオリ(サーカス)
4. 真夜中のドア / 小原英子(松原みき)
5. 悲しくてやりきれない / 奇妙礼太郎(ザ・フォーククルセダーズ)
6. 個人的メッセージ / 曽我部恵一(ハイ・ファイ・セット)
7. Still I love you / 中塚武(安部恭弘)
8. SAY GOODBYE / grooveman Spot & KASHIF(佐藤博)
9. 恋は流星part2 / 流線形(吉田美奈子)
10. DO YOU REMEMBER ME / YOSSY LITTLE NOISE WEAVER(岡崎友紀)
11. ほうろう / HICKSVILLE(小坂忠)
12. パレード / Sotte Bosse(シュガー・ベイブ)

amazonで購入する

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • シティポップカバー盤に一十三十一、曽我部、奇妙ら12組、ジャケは永井博

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて