初代『ゴジラ』全編をフルオーケストラ生演奏付きで上映する『ゴジラ音楽祭』

映画『ゴジラ』がテーマのコンサート『生誕60周年記念 ゴジラ音楽祭』が、2015年1月18日に東京・渋谷のNHKホールで開催される。

シリーズ第1作目の映画公開から、今年で60周年を迎えた『ゴジラ』。同公演は2部構成で開催され、第1部では和田薫による指揮のもとで東京フィルハーモニー交響楽団が『SF交響ファンタジー第1番』を披露する。1983年に初演された『SF交響ファンタジー第1番』は音楽家・伊福部昭が手掛けた『ゴジラ』から『キングコング対ゴジラ』『三大怪獣 地球最大の決戦』など6本の特撮映画音楽で構成された管弦楽曲となる。さらに宝田明と『ゴジラ』フリークとして知られる佐野史郎のトークイベントも予定されている。

第2部では、シリーズ第1作目の『ゴジラ』全編をNHKホールのスクリーンで上映しながら、音楽部分を東京フィルハーモニー交響楽団が生演奏する。映画本編97分のうち音楽が使用されている部分は39分となるが、セリフや効果音も音楽の一部と考え、本編のフル上映が行われることになったという。

チケット一般発売は11月3日からスタート。なお、11月3日は1954年にシリーズ第1作目の『ゴジラ』の公開された日付となる。

イベント情報

『生誕60周年記念 ゴジラ音楽祭』

2015年1月18日(日)OPEN 16:15 / START 17:00
会場:東京都 渋谷 NHKホール
指揮:和田薫
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:Chor June
トークゲスト:宝田明、佐野史郎

第1部プログラム:
伊福部昭「SF交響ファンタジー」第一番
宝田明×佐野史郎 トークショー

第2部プログラム:
伊福部昭 映画『ゴジラ』全曲

料金:S席8,500円 A席7,500円 B席6,500円

  • HOME
  • Music
  • 初代『ゴジラ』全編をフルオーケストラ生演奏付きで上映する『ゴジラ音楽祭』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて