ニュース

『(500)日のサマー』脚本家コンビが小説『さよならを待つふたりのために』を映画化

映画『きっと、星のせいじゃない。』が、2015年2月20日から東京・TOHOシネマズ日本橋ほか全国で公開されることがわかった。

不治の病にかかった若い男女の夢を追いかける姿や、恋模様を描いたジョン・グリーンの小説『さよならを待つふたりのために』をもとにした同作。末期のがん患者であるヘイゼル・グレースと、片脚を切断して骨肉腫を克服したガスが、「友達」として2人で向かったアムステルダム旅行や、ガスが抱える重大な秘密などを描く。

主人公のヘイゼルを演じるのは、映画『ファミリー・ツリー』のシャイリーン・ウッドリー。ガスを『ダイバージェント』などで知られるアンセル・エルゴートが演じるほか、ローラ・ダーン、ウィレム・デフォーらがキャストに名を連ねている。監督はスティーブン・キングの小説『ザ・スタンド』の映画版でもメガホンを取る予定のジョシュ・ブーン、脚本は『(500)日のサマー』を手掛けたスコット・ノイスタッターとマイケル・H・ウェバーが担当している。

作品情報

『きっと、星のせいじゃない。』

2015年2月20日(金)からTOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー
監督:ジョシュ・ブーン
脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
原作:ジョン・グリーン『さよならを待つふたりのために』(岩波書店)
出演:
シャイリーン・ウッドリー
アンセル・エルゴート
ナット・ウルフ
ローラ・ダーン
ウィレム・デフォー
配給:20世紀フォックス映画

『きっと、星のせいじゃない。』ポスタービジュアル ©2014 TWENTIETH CENTURY FOX
『きっと、星のせいじゃない。』ポスタービジュアル ©2014 TWENTIETH CENTURY FOX
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」